日本経済論 「国際競争力」という幻想 松原隆一郎著

日本経済論 「国際競争力」という幻想 松原隆一郎著

日本経済の「迷走の要因」とその処方箋として「新基軸」を論述する。迷走の要因については「経済についての解釈の誤り」に求め、構造改革、デフレ対応などの経済政策、さらに外交問題、民主党政策、医療問題にかかわる社会事象の分析を通じて、抱える問題点を浮き彫りにする。

一方、新基軸は公共サービスが担うとする。技術革新が資本主義の原動力であり、それが必然的にリスクを胚胎する以上、確率計算しえない不確実性が生み出される。その不確実性と「真逆」である安心、ないし世の中に対する信頼を行き渡らせるため、赤字でも供給すべき公共サービスがあるとの考えの下、公共部門の「なすべきこと」が追求されなければならないと説く。

NHK出版新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT