日本経済論 「国際競争力」という幻想 松原隆一郎著

日本経済論 「国際競争力」という幻想 松原隆一郎著

日本経済の「迷走の要因」とその処方箋として「新基軸」を論述する。迷走の要因については「経済についての解釈の誤り」に求め、構造改革、デフレ対応などの経済政策、さらに外交問題、民主党政策、医療問題にかかわる社会事象の分析を通じて、抱える問題点を浮き彫りにする。

一方、新基軸は公共サービスが担うとする。技術革新が資本主義の原動力であり、それが必然的にリスクを胚胎する以上、確率計算しえない不確実性が生み出される。その不確実性と「真逆」である安心、ないし世の中に対する信頼を行き渡らせるため、赤字でも供給すべき公共サービスがあるとの考えの下、公共部門の「なすべきこと」が追求されなければならないと説く。

NHK出版新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT