15歳からわかる経営学 津田倫男著

15歳からわかる経営学 津田倫男著

「小説仕立てのストーリー」で、あたかも実践経験したように経営理論、組織運営論の「さわり」を知ることができる入門書が受けている。本書は、最近の具体的な企業の動きを織り込みつつ、登場人物がセオリー(理論)やフレームワーク(考え方の枠組み)を理解しようとするものだ。

ナビゲーターは17歳と15歳の姉弟。弱体化したJAL、元気なANAを対比しつつ、あるいは高価でも売れるルイ・ヴィトン、グッチを例に、まずマーケティングとは何かを学ぶ。楽天、ユニクロを例にして、そもそも戦略とは何か、中でもドメイン戦略をどう評価すべきかを考えさせる。そしてソフトバンク、ホンダを俎上に載せ、ファイナンスの学習に進む。「知らずしてエリート・ビジネスパーソンになれない」DCF(割引現在価値)に踏み込むなど、決して水準を落とすことなく、同時に優しく基礎知識を体得させる。

専門書に挑戦する前に読んでおいて損はない。

実業之日本社 1260円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
株主総会で賛成率が急落<br>機関投資家が物言う株主に

低支持率の役員167名を実名公開!低出席率、低ROEなどを理由に、機関投資家は役員選任議案に反対票を投じ始めた。「物言わぬ株主」といわれた機関投資家が変貌した理由は?