「鬼滅と東リベ」全く異なるアニメと主題歌の関係 特性から見える楽曲マーケティングの新機軸

印刷
A
A

ビルボード・ジャパンなどが始めた、番組露出と楽曲ヒットの関係性を分析するサービス。改めてテレビを生かす方向性が見えてきた。

「鬼滅の刃」の主題歌、LiSAの「紅蓮華」もテレビによる押し上げ効果があった(写真:共同通信イメージズ)

特集「図解!マーケティング最前線」の他の記事を読む

テレビと音楽の深い関係を解き明かせるか。

複合ヒットチャートを発表するビルボード・ジャパン(運営:阪神コンテンツリンク)や視聴率の調査を行うビデオリサーチなどは10月、新サービス「CHART insight Plus」を始めた。どの番組の露出がチャートに貢献したかがわかるサービスだ。

CHART insight Plusでは、チャートインしている楽曲がどの時期にどの番組に露出し、番組平均視聴率がどうだったかを時系列で確認できる。F1(20~34歳の女性)やM1(20~34歳の男性)など、世代別の視聴率との関係も分析できる。また、ダウンロードやストリーミング、CDセールス、SNSなど、ビルボードの各指標が、どの番組をきっかけに動いたかを分析できる。

レコード会社やアーティストはチャート上昇に貢献しているテレビ番組を探し、どんな番組に露出してプロモーションするか計画を立てられる。テレビ局側も番組がどれだけ音楽ヒットに影響力を持つか測定でき、作品、音楽とも長く話題になり続けるタイアップを組むことが可能になるわけだ。

特性が際立つ大人気アニメの主題歌

人気作品の主題歌などタイアップを獲得し、アーティストは情報・バラエティ番組などに出演。発売日までに大きな話題を作り出す――。これまで音楽業界は新曲のリリースに際して、テレビを活用した積極的なプロモーションを行ってきた。しかし、その実態はレコード会社やアーティスト事務所、広告会社の経験則によるもの。「あるアーティストがテレビにこのように露出して話題を呼び、ヒットにつながった」という事例はあっても、成功の要因を裏付けるデータは少なかったのだ。

昨今はストリーミングをはじめ、YouTube、SNSなどネットを介して音楽やアーティストに出会うことが当たり前の時代。ヒットの経路はCD時代よりも複雑化し、楽曲プロモーションも一段と高い精度が求められるようになっている。実際、CHART insight Plusであらゆる指標のデータと視聴率を結びつけると、ヒット曲とテレビの関係が浮かび上がってくる。

ここではアニメ主題歌を例に分析していきたい。「呪術廻戦」の主題歌であるEveの「廻廻奇譚」(2020年10月にアニメ放送と同時に配信リリース)と「鬼滅の刃」の主題歌であるLiSAの「紅蓮華」(2019年4月配信リリース)、「東京リベンジャーズ」の主題歌であるOfficial髭男dismの「Cry Baby」(2021年5月に配信リリース、アニメは4月から放送)だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
図解!マーケティング最前線
檸檬堂をヒットさせた「戦略家」の周到な段取り
アルコール後発、先駆者と同じことはやらない
TikTokが「ヒットの導火線」、音楽業界の劇的変化
若者ユーザーが自ら参加するバズマーケの正体
アニメ「鬼滅」旋風の裏にあった緻密すぎる戦術
異次元ヒット作が押さえた4つのポイント
初心者でもわかる閲覧データ「クッキー」の大疑問
広告業界が揺れる利用禁止の大きすぎる影響度
グーグル責任者が明かす「脱クッキー」広告の正体
個々人を特定せずともターゲティングを実現
電通も期待「テレビ広告」復活への斬新な切り札
視聴率とスマホの行動履歴をつなげる新手法
トヨタ「ライズ」がSUVブーム牽引する納得理由
コスパの裏で光る開発担当・ダイハツの貢献度
マック快進撃の裏にある「CM」の何気ない仕掛け
お得感だけでなく会話の懸け橋として価値訴求
大丸松坂屋が「服のサブスク」始める納得の理由
百貨店大手で初参入、ブランド品で図る差別化
モス「女性狙い」で絶好調の裏にある王道の戦略
限定商品が大当たり、食パン参入にも狙いアリ
「ファミチキ越えの問題児」が爆売れした3大要因
ファミマで品薄の「クリスピーチキン」誕生秘話
アサヒ「生ジョッキ缶」が売れに売れた3つの勝因
注文は想定の3倍、生産が追いつかず出荷停止
ルルレモン「お高めヨガ着」でも支持される神髄
コロナ禍で10%成長、コミュニティから稼ぐ底力
代官山とは違う!函館の巨大な「蔦屋書店」の全貌
今後のカギを握っているのは1号店ではない
ユニチャームのネコ餌「吐き戻し減」で飛躍の神髄
後発者優位を利用、緻密な調査生かし商品開発
「鬼滅と東リベ」全く異なるアニメと主題歌の関係
特性から見える楽曲マーケティングの新機軸
高いのに宅配で爆売れ「ヤクルト1000」開発の裏側
店頭用の商品もスーパーやコンビニで品薄続く
エアウィーヴの急成長支えた「五輪マーケ」の神髄
五輪トレーナーに飛び込み営業、今秋に上場も
ジェラートピケ「1万円の部屋着」売りさばく神髄
家でもハッピーに、ライブコマースを積極活用
花王の「爆売れリップ」を生み出した2つの仕掛け
「マス戦略脱却」結実しドラッグで品切れ続出
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内