電通も期待「テレビ広告」復活への斬新な切り札 視聴率とスマホの行動履歴をつなげる新手法

印刷
A
A
成長著しいネット広告に押されるテレビ広告。その流れが変わるかもしれない(写真:iStock)

特集「図解!マーケティング最前線」の他の記事を読む

コロナ禍でテレビ広告は大きく落ち込んだ。従来テレビに広告を大量出稿していた「ナショナルクライアント」と呼ばれる自動車や化粧品、日用品などの大手ブランドが出稿を控えたためだ。

電通の広告統計「日本の広告費」によれば、2020年のテレビ広告費は1兆6559億円と前年比2.7%減となった。ネット広告費は同5.9%増の2兆2290億円。2019年に初めてネットがテレビを超えたが、その差は開くばかりである。

テレビ広告には構造的な課題もある。テレビではネット広告のように精緻なターゲティングが難しかった。視聴率調査は統計的に全国民をカバーできるよう、無作為に抽出された人にモニター調査を依頼するが、取得できるデータは性別や年齢、居住地域に限られていた。

調査手法も専用の機械で計測できる「機械式」がようやく2020年4月に全国に導入されたものの、従来は都市圏に限られ、地方はモニターに記入してもらう「日記式」が続いていた。どうしてもざっくりとした推計になってしまうため、広告主は消費者の行動データがとりやすいネット広告に流れた。

【2021年3月29日15時20分追記】初出時の表記を一部修正いたします。

テレビ広告にも強みはある

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
図解!マーケティング最前線
檸檬堂をヒットさせた「戦略家」の周到な段取り
アルコール後発、先駆者と同じことはやらない
TikTokが「ヒットの導火線」、音楽業界の劇的変化
若者ユーザーが自ら参加するバズマーケの正体
アニメ「鬼滅」旋風の裏にあった緻密すぎる戦術
異次元ヒット作が押さえた4つのポイント
初心者でもわかる閲覧データ「クッキー」の大疑問
広告業界が揺れる利用禁止の大きすぎる影響度
グーグル責任者が明かす「脱クッキー」広告の正体
個々人を特定せずともターゲティングを実現
電通も期待「テレビ広告」復活への斬新な切り札
視聴率とスマホの行動履歴をつなげる新手法
トヨタ「ライズ」がSUVブーム牽引する納得理由
コスパの裏で光る開発担当・ダイハツの貢献度
マック快進撃の裏にある「CM」の何気ない仕掛け
お得感だけでなく会話の懸け橋として価値訴求
大丸松坂屋が「服のサブスク」始める納得の理由
百貨店大手で初参入、ブランド品で図る差別化
モス「女性狙い」で絶好調の裏にある王道の戦略
限定商品が大当たり、食パン参入にも狙いアリ
「ファミチキ越えの問題児」が爆売れした3大要因
ファミマで品薄の「クリスピーチキン」誕生秘話
アサヒ「生ジョッキ缶」が売れに売れた3つの勝因
注文は想定の3倍、生産が追いつかず出荷停止
ルルレモン「お高めヨガ着」でも支持される神髄
コロナ禍で10%成長、コミュニティから稼ぐ底力
代官山とは違う!函館の巨大な「蔦屋書店」の全貌
今後のカギを握っているのは1号店ではない
ユニチャームのネコ餌「吐き戻し減」で飛躍の神髄
後発者優位を利用、緻密な調査生かし商品開発
「鬼滅と東リベ」全く異なるアニメと主題歌の関係
特性から見える楽曲マーケティングの新機軸
高いのに宅配で爆売れ「ヤクルト1000」開発の裏側
店頭用の商品もスーパーやコンビニで品薄続く
エアウィーヴの急成長支えた「五輪マーケ」の神髄
五輪トレーナーに飛び込み営業、今秋に上場も
ジェラートピケ「1万円の部屋着」売りさばく神髄
家でもハッピーに、ライブコマースを積極活用
花王の「爆売れリップ」を生み出した2つの仕掛け
「マス戦略脱却」結実しドラッグで品切れ続出
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内