有料会員限定

デルタ株が猛威、医療逼迫はどうなる 中等症で自宅療養も

印刷
A
A
大阪府の「入院患者待機ステーション」。搬入先が決まらない患者に対応(時事)

特集「「コロナ後経済」の大難問」の他の記事を読む

衰える兆しのない、新型コロナウイルスの感染拡大の第5波。急速な感染拡大の原因は、インドで初めて確認された変異ウイルス「デルタ株」の広まりだ。デルタ株の感染力は、従来のウイルスより1.95倍高いとされる。7月12〜18日の段階で、都内の陽性者に占めるデルタ株の割合は4割にまで拡大。京都大学の西浦博教授らの分析によると、8月21日にはその割合は9割を超える。

過去最多となる陽性者の発生で再び問題になっているのが、医療逼迫だ。8月4日時点で東京都の自宅療養者は1万4000人を超え、この1カ月で12倍ほどに急増。入院療養調整中の感染者は9700人まで跳ね上がった。

政府は8月2日、重症と重症化リスクのある患者以外を自宅療養させる方針に転換した。病床事情によっては、中等症での自宅療養が続出するかもしれない。

中等症は人工呼吸器を必要とする前の段階だが、肺炎や呼吸不全が起こり、横になっていても呼吸が苦しい状態だ。自宅で突然、容体が悪化する危険性も高い。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「コロナ後経済」の大難問
飲み薬が焦点に
副反応への評価
従来株より強力
医療資源の偏在
中等症で自宅療養も
金融緩和でマネー流入
旅行・出張自粛中
通販需要で建設ラッシュ
働き方改革の柱
インタビュー/東急電鉄 社長 渡邊 功
問われる店の価値
インタビュー/CBRE日本法人 社長兼CEO 坂口英治
インタビュー/FOOD & LIFE COMPANIES 社長 CEO 水留浩一
インタビュー/ぴあ 社長 矢内 廣
すべてが目算狂い
コロナ対策で国民からそっぽ
インタビュー/投資家 ジム・ロジャーズ
インタビュー/アジア開発銀行 総裁 浅川雅嗣
労働政策の抜本転換が必要
資金繰り支援の先
米国主導の世界株高
ニューノーマル時代の勝ち組企業を探す②
ニューノーマル時代の勝ち組企業を探す①
有力エコノミスト18人の日本経済予測 3
有力エコノミスト18人の日本経済予測 2
有力エコノミスト18人の日本経済予測 1
「コロナ後経済」の大難問
変異株に立ち向かう世界
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内