「コロナ後経済」の大難問 変異株に立ち向かう世界

✎ 1〜 ✎ 24 ✎ 25 ✎ 26 ✎ 27
拡大
縮小

ワクチン接種で経済再開に沸く米欧中と、回復の鈍かった日本。そこへ変異型ウイルス「デルタ株」の猛威が襲っている。今年度下期以降の経済・社会・金融マーケットを展望する。

ワクチンとデルタ株、時間との戦い
世界経済再開の大試練

「足元のインフレは、リスクでなく、チャンスだ」(欧州中央銀行〈ECB〉関係者)

経済再開とともにドイツやスペインなど一部の加盟国で物価上昇率が2%以上になっているユーロ圏。ECBは7月、物価上昇率の一時的な2%超えを容認する新方針を打ち出し、金融緩和の維持を強調した。冒頭の関係者は、経済再開で熱を帯びる状況を、長年の低成長・低インフレ体質からの脱却につなげたいと言う。

しかし、そんなムードに冷や水を浴びせる状況が現出してきた。より感染力の強い新型コロナウイルス変異株(デルタ株)の拡大だ。デルタ株の感染力(再生産数)は従来株の2倍弱と国内で推定されているが、最近では米疾病対策センター(CDC)が最大3倍弱との可能性を示した。7月以降、欧米や日本、東南アジアなどで感染が急拡大した主因とみられている。

ワクチン接種の進展でつかみかけた世界経済再開の機運は今後、どうなるのか。順を追って読み解いていこう。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「コロナ後経済」の大難問
飲み薬が焦点に
副反応への評価
従来株より強力
医療資源の偏在
中等症で自宅療養も
金融緩和でマネー流入
旅行・出張自粛中
通販需要で建設ラッシュ
働き方改革の柱
インタビュー/東急電鉄 社長 渡邊 功
問われる店の価値
インタビュー/CBRE日本法人 社長兼CEO 坂口英治
インタビュー/FOOD & LIFE COMPANIES 社長 CEO 水留浩一
インタビュー/ぴあ 社長 矢内 廣
すべてが目算狂い
コロナ対策で国民からそっぽ
インタビュー/投資家 ジム・ロジャーズ
インタビュー/アジア開発銀行 総裁 浅川雅嗣
労働政策の抜本転換が必要
資金繰り支援の先
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内