有料会員限定

金融マーケットの好調はいつまで続くのか 米国主導の世界株高

✎ 1〜 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 22 ✎ 最新
拡大
縮小
ダウ3万5000ドルの帽子をかぶったNY証券取引所のトレーダー(AP/アフロ)

特集「「コロナ後経済」の大難問」の他の記事を読む

昨年来の世界の金融市場は、米国の株式市場を中心に総じて好調だった。米S&P500指数で見ると、昨年はコロナ禍の急襲で3月にかけ暴落したが、ゼロ金利・量的緩和政策の復活や大規模な財政出動を受け急反発し、年間で16%の上昇。今年も年初来上昇率は8月9日時点で18%に及び、最高値更新が続いた。

ハイイールド(高利回り)債など、比較的リスクの高い資産も投資人気が高い。世界的な過剰流動性を背景に、リスクを取って収益を追求する「リスクオン」の状況が強まった結果だ。投機色の強い暗号資産や中小型IT関連株などは今春に急反落したが、昨年から見ればなお高水準。ネット投資家の集中的な買いで業績に関係なく株価が暴騰する「ミーム株」が続出するなどバブル色も強まった。

今後も来年にかけ、過剰流動性相場は基本的に変わらない。7月にはECB(欧州中央銀行)も日本銀行やFRB(米連邦準備制度理事会)に続いて物価2%目標の上振れを容認する姿勢を明確にしており、日米欧で緩和的な金融環境は維持される。各種リスク資産のバブルが膨張する余地は十分ある。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「コロナ後経済」の大難問
飲み薬が焦点に
副反応への評価
従来株より強力
医療資源の偏在
中等症で自宅療養も
金融緩和でマネー流入
旅行・出張自粛中
通販需要で建設ラッシュ
働き方改革の柱
インタビュー/東急電鉄 社長 渡邊 功
問われる店の価値
インタビュー/CBRE日本法人 社長兼CEO 坂口英治
インタビュー/FOOD & LIFE COMPANIES 社長 CEO 水留浩一
インタビュー/ぴあ 社長 矢内 廣
すべてが目算狂い
コロナ対策で国民からそっぽ
インタビュー/投資家 ジム・ロジャーズ
インタビュー/アジア開発銀行 総裁 浅川雅嗣
労働政策の抜本転換が必要
資金繰り支援の先
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内