日教組 森口 朗著

日教組 森口 朗著

生徒の学力低下、教師の指導力不足の原因などといわれ、求心力を失いつつある日本教職員組合。かつてほとんどの教師が加入していたこの組織も、今や加入率は3割弱にとどまる。ところが、教育評論家である著者は、民主党が政権を取ったことで再び日教組が影響力を増しかねないと懸念する。

日教組が戦後GHQの後押しによって組織された頃から現在に至るまでの歴史、その思想、功罪などを分析、さらには組合員である教職員の知られざる日常の現場を描く。

教員免許更新制、全国学力テスト問題、あるいは、長年偏向教育を指導してきた日教組のやり方を批判しながらも、客観的にこの組織の本質を論じようとしている。

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT