日教組 森口 朗著

日教組 森口 朗著

生徒の学力低下、教師の指導力不足の原因などといわれ、求心力を失いつつある日本教職員組合。かつてほとんどの教師が加入していたこの組織も、今や加入率は3割弱にとどまる。ところが、教育評論家である著者は、民主党が政権を取ったことで再び日教組が影響力を増しかねないと懸念する。

日教組が戦後GHQの後押しによって組織された頃から現在に至るまでの歴史、その思想、功罪などを分析、さらには組合員である教職員の知られざる日常の現場を描く。

教員免許更新制、全国学力テスト問題、あるいは、長年偏向教育を指導してきた日教組のやり方を批判しながらも、客観的にこの組織の本質を論じようとしている。

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT