日教組 森口 朗著

日教組 森口 朗著

生徒の学力低下、教師の指導力不足の原因などといわれ、求心力を失いつつある日本教職員組合。かつてほとんどの教師が加入していたこの組織も、今や加入率は3割弱にとどまる。ところが、教育評論家である著者は、民主党が政権を取ったことで再び日教組が影響力を増しかねないと懸念する。

日教組が戦後GHQの後押しによって組織された頃から現在に至るまでの歴史、その思想、功罪などを分析、さらには組合員である教職員の知られざる日常の現場を描く。

教員免許更新制、全国学力テスト問題、あるいは、長年偏向教育を指導してきた日教組のやり方を批判しながらも、客観的にこの組織の本質を論じようとしている。

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。