『文藝春秋』とアジア太平洋戦争 鈴木貞美著

『文藝春秋』とアジア太平洋戦争 鈴木貞美著

戦前戦中、菊池寛そして文芸春秋はいかなる考えのもとに出版活動を続けたのか。菊池寛が書き続けたエッセイ「話の屑籠」や企画された座談会などから、当初は大陸膨張策に批判的だったが、徐々に時の権力に迎合していく様が明らかにされる。とはいえ戦後左翼が戦争責任を追及したほどには事態は単純ではなかった。婉曲な権力批判も多々あったし、検閲でページ切り取りを余儀なくされることもしばしばだった。

特に文春は時代の「雰囲気」から離れては存在しえない。「六分の慰安、四分の学芸、そして常に中庸を行く」菊池寛の姿勢が「聖戦」に寄り添うのは必然だった。ついには「戦争の狂気に『理性』を与えようとして近衛文麿と心中したような」結果となった。もっとも一出版社の話というよりも、横光利一、林房雄、三好達治、芥川龍之介、小林秀雄ら戦時下の
作家に多くの紙数が割かれた異色の戦時文学史の色彩が濃く、読み応え十分だ。  (純)

武田ランダムハウスジャパン 2310円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。