家計を見直し資産をじわじわと殖やす5ステップ Part1 30代からチャンス!まず1000万円貯蓄を目標に始動

印刷
A
A

30代はまず家計を見直し、大イベントもこなせるような基盤を。

(imagenavi)

特集「お金と株 超入門」の他の記事を読む

金融資産拡大の基盤を固める

一般的に、30代は結婚、出産、住宅購入など、人生のイベントがとても多い。イベントに関する費用について決断を迫られる時期ともいえる。

大きな額が必要となることから、準備しておきたい人生の3大資金が、教育資金、住宅資金、老後資金だ。老後資金を使うのは、30代ならまだ先だから、貯めるための時間は十分にある。

子育ての費用は、子どもが生まれてから約20年にわたる長丁場で必要となり、成長とともに衣食代や、最近はスマートフォン料金なども含めて養育費が増えていく。

しかし、授業料などの教育費として、まとまった資金が必要になるのは、小中学校から私立に進学させる選択をしないなら、大学などの高等教育においてだ。子育ての仕上げの数年間が最も家計への負担は大きい。つまり、これも実際に大きな資金が必要になるのは30代の場合もう少し先になる。

この2つよりも前に使うことになるのが住宅資金である、という家庭は多い。長期固定金利の住宅ローンである「フラット35」利用者に対する調査によれば、最も利用者が多いのは30代で4割を占める。次が40代で3割弱となっている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
お金と株 超入門
お金との付き合い方を哲学的に考える
インタビュー/慶応大学教授 坂井豊貴
インタビュー/ブルー・マーリン・パートナーズ 代表 山口揚平
『すみません、金利ってなんですか?』の著者が解説
余剰資金があれば考えてみる
ダウ3万ドルの勢いに乗る
『株式ウイークリー』編集長の厳選株
M&A関連や株式分割が狙い目か
50代からのラストスパート
Part2|50代でも間に合う! リスクを克服する大人の投資術
知っていると得をする
30代と50代で違うアプローチを
お金の殖やし方、使い方1|好奇心が投資のヒントに
お金の殖やし方、使い方2|子ども4人を東大医学部に
非課税メリットを享受
『会社四季報プロ500』が厳選
『会社四季報』新春号で見つけた
30代ならじっくりとできる
20~30歳代が7割
まず手をつけるのは通信費と光熱費だ
家計を見直し資産をじわじわと殖やす5ステップ
Part1 30代からチャンス!まず1000万円貯蓄を目標に始動
お金と株 超入門
30代からチャンス!50代でも間に合う!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内