有料会員限定

都心と郊外の「現実的な比較」 ファイナンシャルプランナーが検証

印刷
A
A

マイホームを購入するなら、都心の中古マンションか郊外の戸建てか。月々の家計を比べてみた。

(PIXTA)

特集「激動マンション・住宅」の他の記事を読む

マイホームを購入した場合、都心と郊外で月々の家計はどのように変わってくるのだろうか。架空の4人家族、藤井さん一家(東京・杉並区在住)がファイナンシャルプランナー(FP)に相談した場面を想定して、現実的なライフプランを検証してみた。

都市プラン

藤井良夫さん(仮名)は、今後の住居について悩んでいた。年が明けてもコロナ禍が続き、夫婦でテレワークを継続中だ。

テレワークは現在、夫婦とも週2~3日あり、その頻度は今後さらに上がりそう。ただ、夫婦でテレワークをするには今の賃貸住宅は狭すぎる。妻は育児休業から復帰したばかりで子どももまだ小さい。

そこで藤井さんは近いうちにマイホームを購入しようと決め、第1候補を東京の北千住にした。JR常磐線、地下鉄日比谷線など5路線が通っていて都心へのアクセスがよい。勤務先まで30分以下、5000万円で3LDKの築浅の中古マンションが買える。

ただ、妻から「実家のある埼玉で一軒家はどうか」という提案もあった。妻の実家は埼玉県の大宮で、その近辺なら広い一軒家が買える。実家から子育ての協力も得られる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
激動マンション・住宅
コロナ禍でどうなった?
業界健全化の裏で迫る賃料減額の足音
レオパレス21再建のカギ握る
Part3 不動産投資|売買は堅調、家賃は軟調
減税や保険のメリットを検証
「水害ハザードマップ」に注目
コロナ禍だからこそ注目したい
戸建て需要の掘り起こし狙う
インタビュー/ケイアイスター不動産 社長 塙 圭二
インタビュー/オープンハウス 社長 荒井正昭
Part2 販売最前線|迫り来る新たな“うねり" 住宅業界を覆う「新常態」
インタビュー/東京建物 取締役常務執行役員 住宅事業本部長 秋田秀士
インタビュー/野村不動産社長 宮嶋誠一
インタビュー/積水ハウス社長 仲井嘉浩
ファイナンシャルプランナーが検証
活況の裏に「マンション転売ヤー」の存在
Part1 都心vs.郊外|郊外への関心が高まるが…
激動マンション・住宅
都心から郊外へ 民族大移動は起きるのか
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内