有料会員限定

取引が増えた駅、減った駅 活況の裏に「マンション転売ヤー」の存在

印刷
A
A

資産性重視の潮流が加速。実需と投資の線引きが薄れつつある。

縮小を続ける経済活動を尻目に、活発に取引されているのが中古マンションだ。巣ごもりが続いたため仕様の優れた住戸を望む世帯が増えたことや、新築と比較した価格の割安感が購入を後押しした。東日本不動産流通機構によれば、2020年11月の首都圏の成約件数は前年同月比で14%も増加している。

では、コロナ禍にあってとくに活発に取引された駅はどこなのか。不動産プラットフォームを提供するマーキュリーの協力を得て、首都圏の駅ごとの中古マンション取引戸数を集計した。

コロナ禍が深刻化した20年4月〜11月末と前年同期を比較し、取引戸数の増減をランキングしたのが下表だ。同一駅に複数の路線が乗り入れているケースについては、各マンションの広告やパンフレットの物件概要部分に掲載された最寄り駅のうち、最初に記載されている駅を抽出した。

特集「激動マンション・住宅」の他の記事を読む

取引戸数増加の裏側

コロナ禍において取引戸数が突出して増えた駅は、みなとみらい線「馬車道」だ。周辺には小ぶりなマンションが立ち並び、これまでの住宅市場における存在感は高くなかった。突然の活況の謎を解くカギは、三井不動産レジデンシャルと丸紅が開発したタワーマンション「ザ・タワー横浜北仲」にある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
激動マンション・住宅
コロナ禍でどうなった?
業界健全化の裏で迫る賃料減額の足音
レオパレス21再建のカギ握る
Part3 不動産投資|売買は堅調、家賃は軟調
減税や保険のメリットを検証
「水害ハザードマップ」に注目
コロナ禍だからこそ注目したい
戸建て需要の掘り起こし狙う
インタビュー/ケイアイスター不動産 社長 塙 圭二
インタビュー/オープンハウス 社長 荒井正昭
Part2 販売最前線|迫り来る新たな“うねり" 住宅業界を覆う「新常態」
インタビュー/東京建物 取締役常務執行役員 住宅事業本部長 秋田秀士
インタビュー/野村不動産社長 宮嶋誠一
インタビュー/積水ハウス社長 仲井嘉浩
ファイナンシャルプランナーが検証
活況の裏に「マンション転売ヤー」の存在
Part1 都心vs.郊外|郊外への関心が高まるが…
激動マンション・住宅
都心から郊外へ 民族大移動は起きるのか
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内