有料会員限定

ビレッジハウスの正体 レオパレス21再建のカギ握る

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

低価格賃貸住宅運営のノウハウを注入することでレオパレスの窮状打破を狙う。はたして再生できるのか。

「ビレッジハウス成田」(写真上)。共用部には外国語の表示が目立つ(写真下)

特集「激動マンション・住宅」の他の記事を読む

施工不備の問題をめぐってレオパレス21は、当初2020年末としていた改修完了時期を24年末まで延期すると、20年12月25日に発表した。人手不足や工事に必要な自治体との協議の遅延を、その理由とする。レオパレスは入居者がいてまだ調査ができていない物件は後回しにして、空き物件から改修を進める構えだ。

「会社が倒れたら元も子もない。まずは入居率改善に全力を尽くす」と、レオパレス幹部は言う。同社が運営する物件の入居率は損益分岐点の80%を割る状況が続いている。20年11月には77.09%まで入居率は落ち込んだ。ブランドイメージ低下と、コロナ禍で法人需要と外国人需要がいっぺんに蒸発したことが要因で、今後は法人営業の強化や高齢者など個人需要の取り込みが求められる。

レオパレス救済に手を挙げたソフトバンク系の米投資ファンド、フォートレス・インベストメント・グループも現在の窮状を黙って見てはいない。11月初旬からレオパレスと協議を重ね、同社の賃貸住宅「ビレッジハウス」の運用ノウハウの注入を進めている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
激動マンション・住宅
コロナ禍でどうなった?
業界健全化の裏で迫る賃料減額の足音
レオパレス21再建のカギ握る
Part3 不動産投資|売買は堅調、家賃は軟調
減税や保険のメリットを検証
「水害ハザードマップ」に注目
コロナ禍だからこそ注目したい
戸建て需要の掘り起こし狙う
インタビュー/ケイアイスター不動産 社長 塙 圭二
インタビュー/オープンハウス 社長 荒井正昭
Part2 販売最前線|迫り来る新たな“うねり" 住宅業界を覆う「新常態」
インタビュー/東京建物 取締役常務執行役員 住宅事業本部長 秋田秀士
インタビュー/野村不動産社長 宮嶋誠一
インタビュー/積水ハウス社長 仲井嘉浩
ファイナンシャルプランナーが検証
活況の裏に「マンション転売ヤー」の存在
Part1 都心vs.郊外|郊外への関心が高まるが…
激動マンション・住宅
都心から郊外へ 民族大移動は起きるのか
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内