有料会員限定

結局、お金って何だろうか お金との付き合い方を哲学的に考える

印刷
A
A

そもそもお金とは何だろうか。なぜお金が価値を持つのか。

特集「お金と株 超入門」の他の記事を読む

お金は、人類が文字を使用し始めるのと同じくらい古くから使われ、現代の生活でも不可欠なものだ。お金が大切なことは、子どもだって知っている。ところが、「そもそもお金って何?」と改めて問い直すと、たいてい答えに窮してしまう。

別に難しい理論を要求しているのではない。それなのに、改めて考えてみればよくわからない──。「彼らはそれを知らない。しかし彼らはそれをやっている」(『資本論』)。これがおそらく、お金の特質かもしれない。

お金は一方で、多くの人が求め、手に入れたいと願っている。そのため、お金をたくさん持っていると、羨望の的になる。その点では、お金は価値あるものと言ってよい。それなのに、他方では、お金を求めることは、古くから軽蔑され続けてきた。例えば、『新約聖書』では、お金をばらまく悪魔「マモン」が描かれ、それに支配された拝金主義は「マモニズム」と呼ばれる。

古代のギリシア悲劇でも、近代の演劇でも、お金はどこかしら「汚い」もので、それを求める人は、しばしば非難されている。モリエールの『守銭奴』やシェイクスピアの『ヴェニスの商人』では、そうしたお金に対する両義的な感情が、ストレートに表現されている。お金の特徴は、この対立する2つの性格にある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
お金と株 超入門
お金との付き合い方を哲学的に考える
インタビュー/慶応大学教授 坂井豊貴
インタビュー/ブルー・マーリン・パートナーズ 代表 山口揚平
『すみません、金利ってなんですか?』の著者が解説
余剰資金があれば考えてみる
ダウ3万ドルの勢いに乗る
『株式ウイークリー』編集長の厳選株
M&A関連や株式分割が狙い目か
50代からのラストスパート
Part2|50代でも間に合う! リスクを克服する大人の投資術
知っていると得をする
30代と50代で違うアプローチを
お金の殖やし方、使い方1|好奇心が投資のヒントに
お金の殖やし方、使い方2|子ども4人を東大医学部に
非課税メリットを享受
『会社四季報プロ500』が厳選
『会社四季報』新春号で見つけた
30代ならじっくりとできる
20~30歳代が7割
まず手をつけるのは通信費と光熱費だ
家計を見直し資産をじわじわと殖やす5ステップ
Part1 30代からチャンス!まず1000万円貯蓄を目標に始動
お金と株 超入門
30代からチャンス!50代でも間に合う!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内