有料会員限定

基本を知っている人が次に試してみる銘柄選び M&A関連や株式分割が狙い目か

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 最新
拡大
縮小

手堅い投資手法もいいが、たまには少し知恵を絞ってみるのもいい。

ニトリHDによる島忠買収の記者会見。大型案件が相次いだ

特集「お金と株 超入門」の他の記事を読む

コーポレートアクション。広義には直訳のとおり企業活動を意味するが、ビジネス用語では買収や株式分割といった株価に直接影響するイベントを指すことが多い。

日本企業の経営改革を狙う政府の仕掛けづくりに足元の相場上昇が加わり、2021年にかけてコーポレートアクションが活発化しそうだ。株価への大きなインパクトが予想され、投資家にとって千載一遇のチャンスとなる可能性があるだろう。

結論を急げば、来年は企業再編ラッシュになりそうだ。背景には利益成長に向けた経営者や株主の意識の変化だけでなく、国策としての競争力強化政策もある。

20年は空前の買収ラッシュだった。NTTによるNTTドコモの完全子会社化を代表例とする親子上場の解消、ニトリホールディングスの島忠買収など大型案件が続出した。

今年に入って株式公開買い付け(TOB)に投じられた資金を足し合わせてみると、実に8兆円を上回る。21年はこれに非コア事業の切り出しも加わることになり、大きな企業ニュースで株式市場を大いににぎわすことが予想されるのだ。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
お金と株 超入門
お金との付き合い方を哲学的に考える
インタビュー/慶応大学教授 坂井豊貴
インタビュー/ブルー・マーリン・パートナーズ 代表 山口揚平
『すみません、金利ってなんですか?』の著者が解説
余剰資金があれば考えてみる
ダウ3万ドルの勢いに乗る
『株式ウイークリー』編集長の厳選株
M&A関連や株式分割が狙い目か
50代からのラストスパート
Part2|50代でも間に合う! リスクを克服する大人の投資術
知っていると得をする
30代と50代で違うアプローチを
お金の殖やし方、使い方1|好奇心が投資のヒントに
お金の殖やし方、使い方2|子ども4人を東大医学部に
非課税メリットを享受
『会社四季報プロ500』が厳選
『会社四季報』新春号で見つけた
30代ならじっくりとできる
20~30歳代が7割
まず手をつけるのは通信費と光熱費だ
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内