有料会員限定

会社四季報オンラインで儲かる銘柄を探し出す 『株式ウイークリー』編集長の厳選株

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 最新
拡大
縮小

スクリーニングと銘柄登録の機能を使って有望銘柄候補を絞り込む。

株式投資のバイブルともいえる『会社四季報』を毎号、隅から隅まで読み込んでいる達人投資家は断言する。

「『会社四季報』を見て、①株価チャートの形がよい、②コメントが強気(「最高益」や「成長続く」など)、③業績予想の数字がよい(売上高や利益の数字が増え続けている)の三拍子そろっている銘柄は即、買いだ」

『会社四季報』は、四季ごと、つまり3カ月ごとに、上場企業約3800社すべてのデータを収録して発売されている。2000ページ前後ある紙の冊子を1ページずつめくって、これら3条件に合うような有望銘柄を探し出すのは、1つの醍醐味ではある。

ただ、それだけの時間を割く余裕のないビジネスパーソンでも、もっと効率的に銘柄探しができる方法がある。インターネット上のサイト「会社四季報オンライン」を活用すればよい。

スクリーニング機能で、株価の上昇を期待できる有望銘柄を絞り込める。『会社四季報』に掲載されているデータ、最新の決算情報、株価などさまざまな指標を組み合わせて、「自分だけのお宝銘柄」を見つけられる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
お金と株 超入門
お金との付き合い方を哲学的に考える
インタビュー/慶応大学教授 坂井豊貴
インタビュー/ブルー・マーリン・パートナーズ 代表 山口揚平
『すみません、金利ってなんですか?』の著者が解説
余剰資金があれば考えてみる
ダウ3万ドルの勢いに乗る
『株式ウイークリー』編集長の厳選株
M&A関連や株式分割が狙い目か
50代からのラストスパート
Part2|50代でも間に合う! リスクを克服する大人の投資術
知っていると得をする
30代と50代で違うアプローチを
お金の殖やし方、使い方1|好奇心が投資のヒントに
お金の殖やし方、使い方2|子ども4人を東大医学部に
非課税メリットを享受
『会社四季報プロ500』が厳選
『会社四季報』新春号で見つけた
30代ならじっくりとできる
20~30歳代が7割
まず手をつけるのは通信費と光熱費だ
家計を見直し資産をじわじわと殖やす5ステップ
Part1 30代からチャンス!まず1000万円貯蓄を目標に始動
お金と株 超入門
30代からチャンス!50代でも間に合う!
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内