有料会員限定

バリュー株はこう仕込め 荒れ相場に本領発揮

印刷
A
A

市場の乱高下にも強いバリュー株。エミン流の選び方とは。

複眼経済塾 塾頭 エミン・ユルマズ(Emin Yurumazu)トルコ出身。東京大学大学院新領域創成科学研究科修士課程修了後、2006年野村証券入社。16年から『会社四季報』を分析し投資ノウハウを教える複眼経済塾の取締役・塾頭。(撮影:今井康一)

特集「株崩落 次の一手」の他の記事を読む

有事にまで至ったウクライナ情勢やFRB(米連邦準備制度理事会)の利上げ見通しなどを受けて、株式市場が混乱している。その傾向をとくに示しているのが米ナスダック指数だ。

同指数は年初から下げているものの、中長期で見ると大きく下げてはいない。むしろ高値を維持している。だが中身を見ると、GAFAM(グーグル、アップル、フェイスブック〈新社名メタ〉、アマゾン、マイクロソフト)といった主要銘柄が指数を維持しているのが実情だ。GAFAM以外の銘柄の多くは株価を下げており、投資家は選別色を強めている。GAFAM以外の銘柄の調整はまさに、弱気な投資家が増える「ベア相場」の特徴といえる。

熱狂したこれまでの市場は「エブリシングバブル」と称される。株、不動産、暗号資産(仮想通貨)、コモディティーなどすべてが高値圏だ。資産バブルが実物資産に波及してインフレが発生している、というのが現在の状況だ。そのためFRBはインフレを抑制しようと、年内に数回の利上げを計画する。今後の相場はどうなるか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
株崩落 次の一手
お宝銘柄を探せ
急増する個人の信用取引
あえて成長株狙いの二刀流も
荒れ相場に本領発揮
株価チャートで判断する
『会社四季報』元編集長が超解説
ウクライナショック日本企業への影響は
四季報先取りランキング6
四季報先取りランキング5
四季報先取りランキング4
四季報先取りランキング3
四季報先取りランキング2
四季報先取りランキング1
株価はどうなる?/智剣・Oskarグループ CEO 大川智宏
株価はどうなる?/ブーケ・ド・フルーレット 代表 馬渕治好
アナリスト・ストラテジストに聞く
利上げに動くFRB
混乱の市場シナリオを読む/豊島&アソシエイツ代表 豊島逸夫
株崩落 次の一手
ウクライナ危機と米国利上げで激震!
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内