有料会員限定

来期純利益上方修正100 四季報先取りランキング2

✎ 1〜 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 最新
拡大
縮小

来期純利益予想を『会社四季報』前号と比べ、上方修正額、上方修正率が大きい順にランキングした。3カ月前と比べ、「この企業の業績は上向きそうだ」と記者が判断した好調企業だ。原油高といった足元の逆風にも立ち向かえる「強い企業」の代表といえる。

修正「額」のランキングは前期、今期、来期の純利益がいずれも黒字、修正「率」のランキングは前期、今期、来期の純利益がいずれも10億円以上の会社を対象にしている。

修正額のランキングで1位となったのはトヨタ自動車。半導体不足の解消により、来2023年3月期の生産は過去最高となる約1100万台を見込む。SUVを軸に新型車が寄与するほか、高級車のレクサスも拡大。資材高をかわして業績は伸びる。遅れていたEV(電気自動車)についても、30年までに30車種を投入し、世界での販売を350万台にする計画。こうした脱炭素への対応も着々と進めている。来期は連続増配も見込まれる。昨年9月末には1株を5株にする株式分割を実施。個人投資家も買いやすい株価となり、株主層の拡大を図っている。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
株崩落 次の一手
お宝銘柄を探せ
急増する個人の信用取引
あえて成長株狙いの二刀流も
荒れ相場に本領発揮
株価チャートで判断する
『会社四季報』元編集長が超解説
ウクライナショック日本企業への影響は
四季報先取りランキング6
四季報先取りランキング5
四季報先取りランキング4
四季報先取りランキング3
四季報先取りランキング2
四季報先取りランキング1
株価はどうなる?/智剣・Oskarグループ CEO 大川智宏
株価はどうなる?/ブーケ・ド・フルーレット 代表 馬渕治好
アナリスト・ストラテジストに聞く
利上げに動くFRB
混乱の市場シナリオを読む/豊島&アソシエイツ代表 豊島逸夫
株崩落 次の一手
ウクライナ危機と米国利上げで激震!
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内