有料会員限定

日米株式市場、下げ相場はいつまで続く? アナリスト・ストラテジストに聞く

印刷
A
A

ウクライナ危機に米利上げ。波乱含みの日米株式市場の行方は。

ロシアのウクライナ侵攻を受けて日本の株式市場は混乱(撮影:尾形文繁)

特集「株崩落 次の一手」の他の記事を読む

ウクライナ危機で株式市場が動揺している。3月7日の米NYダウ平均株価は今年最大の下げを記録、日経平均株価も8日に2万5000円を割り込んだ。今後の株価はどうなるか。主要アナリスト・ストラテジストに日米株の今後の見通しを聞いた。

日経平均株価については、6人中5人が「3月底値の年後半高」という回答だった。中でも12月ごろあるいは年末に「3万5000円」と高値予想で最も強気だったのが、大和証券の壁谷洋和チーフグローバルストラテジストと、マネックス証券の広木隆チーフ・ストラテジストだ。壁谷氏も広木氏も、ウクライナ危機や米利上げなどの懸念材料を挙げて3月安値のシナリオを想定。その後、コロナ禍の沈静化や企業業績の伸びといったプラス面が、年末にかけて株価上昇を後押しするとみる。

11月後半から12月半ばに3万1500円とみるのは東海東京調査センターの鈴木誠一チーフエクイティマーケットアナリスト。「企業の自社株買いの拡大とともに、個人投資家の市場回帰が予想される。株式需給の好転が株価上昇の大きな要素」と指摘する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
株崩落 次の一手
お宝銘柄を探せ
急増する個人の信用取引
あえて成長株狙いの二刀流も
荒れ相場に本領発揮
株価チャートで判断する
『会社四季報』元編集長が超解説
ウクライナショック日本企業への影響は
四季報先取りランキング6
四季報先取りランキング5
四季報先取りランキング4
四季報先取りランキング3
四季報先取りランキング2
四季報先取りランキング1
株価はどうなる?/智剣・Oskarグループ CEO 大川智宏
株価はどうなる?/ブーケ・ド・フルーレット 代表 馬渕治好
アナリスト・ストラテジストに聞く
利上げに動くFRB
混乱の市場シナリオを読む/豊島&アソシエイツ代表 豊島逸夫
株崩落 次の一手
ウクライナ危機と米国利上げで激震!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内