有料会員限定

波乱相場の長期化に警戒 利上げに動くFRB

印刷
A
A

戦争、インフレ、金融引き締め加速というハイリスク相場にも投資機会はある。

ウクライナ危機でインフレがさらに加速する中、パウエル議長の手腕が問われる(Al Drago/The New York Times)

特集「株崩落 次の一手」の他の記事を読む

ウクライナ戦争の激化を受け、世界の株式市場は波乱の様相を呈している。2020年3月のコロナショックに次ぐ想定外のリスクへの直面といえる。

そもそも世界の株価は今年年初から調整色を強めていた。主因は、米国でのインフレ高進と金融引き締め加速懸念。コロナ禍での超金融緩和が近く終焉を迎えるとの見方から、相場が天井を打ち、調整を余儀なくされた。

そこへウクライナ情勢というリスクが加わった。ロシアによる軍事侵攻とそれに対する経済制裁を受けて原油など資源価格が一段と上昇し、インフレ懸念を助長。同時に消費者や企業のマインドへの下方圧力が高まった。結果、インフレと景気停滞が併存するスタグフレーションの懸念が強まり、企業収益の先行きにも不安が台頭。これらが株安を加速した。

今後も不透明感は強い。戦争は長期化のおそれがあり、経済制裁はロシア産原油・天然ガスの禁輸など一段強化の可能性も高い。1970年代の石油ショック以上の危機との見方もあり、市場はなお波乱含みの展開が避けられない。

構造的なインフレ要因

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
株崩落 次の一手
お宝銘柄を探せ
急増する個人の信用取引
あえて成長株狙いの二刀流も
荒れ相場に本領発揮
株価チャートで判断する
『会社四季報』元編集長が超解説
ウクライナショック日本企業への影響は
四季報先取りランキング6
四季報先取りランキング5
四季報先取りランキング4
四季報先取りランキング3
四季報先取りランキング2
四季報先取りランキング1
株価はどうなる?/智剣・Oskarグループ CEO 大川智宏
株価はどうなる?/ブーケ・ド・フルーレット 代表 馬渕治好
アナリスト・ストラテジストに聞く
利上げに動くFRB
混乱の市場シナリオを読む/豊島&アソシエイツ代表 豊島逸夫
株崩落 次の一手
ウクライナ危機と米国利上げで激震!
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内