有料会員限定

米国株ランキング お宝銘柄を探せ

印刷
A
A
(gandhi / PIXTA)

特集「株崩落 次の一手」の他の記事を読む

GAFAM(グーグル、アップル、フェイスブック〈新社名メタ〉、アマゾン、マイクロソフト)に代表される世界的企業が上場する米国市場。米国株は1株単位から取引でき、100株単位からの日本株に比べて買いやすく、日本の個人投資家の間でも、米国株を売買する人が増えている。米国市場で有望な銘柄はどれか。小社刊『米国会社四季報』に掲載され、株価が1000ドル以下、つまり12万円弱以下で買える銘柄をスクリーニングした。

まず「連続増収増益」ランキング。前期実績の売上高と利益(EPS=1株当たり利益)が前々期より増え、しかも今期予想の売上高と利益が前期より増える好調企業を対象とした。今期増益率の大きい順に並んでいる。

1位はスポーツやフィットネス商品販売のディックス・スポーティング・グッズ。全米最大のスポーツ用品小売企業だ。ネット事業に力を入れており、コロナ禍で拡大する巣ごもり需要を取り込む。今期増益率は150%超とランキングで唯一、3桁となった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
株崩落 次の一手
お宝銘柄を探せ
急増する個人の信用取引
あえて成長株狙いの二刀流も
荒れ相場に本領発揮
株価チャートで判断する
『会社四季報』元編集長が超解説
ウクライナショック日本企業への影響は
四季報先取りランキング6
四季報先取りランキング5
四季報先取りランキング4
四季報先取りランキング3
四季報先取りランキング2
四季報先取りランキング1
株価はどうなる?/智剣・Oskarグループ CEO 大川智宏
株価はどうなる?/ブーケ・ド・フルーレット 代表 馬渕治好
アナリスト・ストラテジストに聞く
利上げに動くFRB
混乱の市場シナリオを読む/豊島&アソシエイツ代表 豊島逸夫
株崩落 次の一手
ウクライナ危機と米国利上げで激震!
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内