有料会員限定

テスラ車の魅力と課題 所有者だからこそ知っている

印刷
A
A

なぜテスラ車を買ったのか? 満足度は? 3人のオーナーに話を聞いた。

「例えるなら、アップルの製品を使っているときのような印象」。テスラ車の所有者は、そろってこう口にした。数あるEVの中で、なぜ新興メーカーのテスラが選ばれ、評価されるのか。人気の秘密を所有者3人に聞いた。

最新の技術が満載、今はテスラ1択だ

夏野氏の満足度は高いが、「欧州車と比べると、内装のデザインはあと一歩かな」(撮影:尾形文繁)

特集「テスラvs.トヨタ」の他の記事を読む

「(CEOのイーロン・マスク氏と会う際の準備として)実際に試乗してみて、乗り心地が気に入った。家族も翌日一緒に試乗し、すぐに『モデルS』の購入を決めた」と話すのは、デジタルコンテンツを手がけるドワンゴの夏野剛社長(55)だ。モデルSはテスラの上位車種で、最も安いタイプでも販売価格は800万円以上(税込み)する。夏野氏は2014年の発売直後に購入した。

4人家族で、メルセデス・ベンツのスポーツタイプも所有しているが、モデルSを利用する頻度が圧倒的に高いという。「何といっても、静かなのがいい。子どもたちも同じ理由でテスラのほうを気に入っている」。

テック企業の経営の舵を取る夏野氏ならではの指摘もあった。「自動車は高価な物なのに、長らくテクノロジーで遅れていた。その点、EVの中でもテスラ車は最新の技術をうまく活用できている。他社のEVにはひかれないし、今のところはテスラ1択」。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
テスラvs.トヨタ
日本電産、村田製作所…
EV化で3分の1の部品が消える
地位が低下するパナソニック
パナもテスラも知る男が証言
揺らぐメーカーの存在意義
マグナ幹部インタビュー
インタビュー/ナカニシ自動車産業リサーチ代表兼アナリスト 中西孝樹
「政府主導の合併」説も浮上
フル充電で最大610キロメートルの走行が可能
かつてはテスラに出資
CASE対応は“トヨタ頼み"
Part2 トヨタと日本勢は生き残れるか
イーロン・マスクとは何者なのか
理解の範疇を超える経営者
所有者だからこそ知っている
テスラ「モデル3」の性能と乗り味を分析
既存メーカーにはない大胆さ
わずか11カ月で巨大工場を稼働
テスラ vs.トヨタ
最強自動車メーカーはどっちだ?
コロナ禍でも黒字を確保、テスラの稼ぐ力は本物か
Part1 テスラの実力を徹底解明
キーマンが明かす協業の裏側
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内