有料会員限定

EV化で伸びるのはここだ 日本電産、村田製作所…

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

電子部品や電池材料のメーカーは、自動車の電動化需要の獲得に動く。

写真はトヨタ自動車が2017年に発売したプリウスPHV。軽量化を図るため、バックドア骨格材に先端軽量素材の炭素繊維複合材を大量採用した

特集「テスラvs.トヨタ」の他の記事を読む

「2025年がEV化の分水嶺。それまでにどれだけ受注を確保できるかが勝負だ」。モーターの世界最大手、日本電産の永守重信会長は気炎を上げる。

30年までに連結売上高10兆円を目指すと宣言した永守会長は、ガソリン車のエンジンに相当するEVの駆動用モーター(トラクションモーター)を成長の牽引役と位置づける。すでに同社の駆動用モーターシステム「E-Axle(イーアクスル)」は中国の広州汽車集団などのEVに採用され、搭載されたEVが実際に走行している。

駆動用モーターはEVの心臓部ともいえる中核部品だけに、内製する自動車メーカーが多く、独ボッシュなど世界大手の自動車部品サプライヤーも注力する分野。競争は激しいが、日本電産はモーター専業ならではの開発力と価格競争力を武器として、採用車種を増やしていく戦略だ。

EVの駆動用モーターシステム

30年までに駆動用モーターの世界シェアを現状の数%から35%にする目標を掲げ、中国・大連の新工場をはじめ、ポーランドやメキシコなど世界で数千億円規模の設備投資を進めている。20年4月に日本電産社長に就任した日産自動車出身の関潤氏など、自動車業界に詳しい人材の獲得も進む。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
テスラvs.トヨタ
日本電産、村田製作所…
EV化で3分の1の部品が消える
地位が低下するパナソニック
パナもテスラも知る男が証言
揺らぐメーカーの存在意義
マグナ幹部インタビュー
インタビュー/ナカニシ自動車産業リサーチ代表兼アナリスト 中西孝樹
「政府主導の合併」説も浮上
フル充電で最大610キロメートルの走行が可能
かつてはテスラに出資
CASE対応は“トヨタ頼み"
Part2 トヨタと日本勢は生き残れるか
イーロン・マスクとは何者なのか
理解の範疇を超える経営者
所有者だからこそ知っている
テスラ「モデル3」の性能と乗り味を分析
既存メーカーにはない大胆さ
わずか11カ月で巨大工場を稼働
テスラ vs.トヨタ
最強自動車メーカーはどっちだ?
コロナ禍でも黒字を確保、テスラの稼ぐ力は本物か
Part1 テスラの実力を徹底解明
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内