有料会員限定

悩むホンダ、沈む日産 「政府主導の合併」説も浮上

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 最新
拡大
縮小

国内2番手を争う両社は、トヨタ自動車以上に厳しい立場にある。

独立独歩を信条としてきたホンダが大きな路線転換に踏み切った。今年9月、収益柱の北米市場で米ゼネラル・モーターズ(GM)との包括提携を検討する、と発表した。北米向け車両のエンジンやプラットホーム(車台)の共通化、部品の共同購買など、既存の車の競争力を左右する領域にまで踏み込んだ内容だ。GMとは2013年に燃料電池車、18年に自動運転など徐々に提携範囲を広げてきたが、それらは将来技術の開発のためのものだった。

ホンダが異例の決断をした背景には、苦しい台所事情がある。

米カリフォルニア州が35年までにエンジン車の販売を禁止すると発表するなど、欧米を中心に「脱エンジン」の動きが加速している。自動運転など新技術の開発も盛んになっている。それらに対応するためには、巨額の資金が必要だ。年間8000億円の研究開発費を投じるホンダですら、十分とはいえない。

今年8月に欧州でEV「Honda e(ホンダe)」を発売したが、これは環境規制をクリアするための車。年間販売目標は1万台にすぎず、開発費の回収は困難だ。自動運転などでコアになるAI(人工知能)やIT技術などの出遅れも指摘されており、中国のAIベンチャー企業と共同開発を始めるなど、近年は外部との提携に頼らざるをえなくなってきた。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
テスラvs.トヨタ
日本電産、村田製作所…
EV化で3分の1の部品が消える
地位が低下するパナソニック
パナもテスラも知る男が証言
揺らぐメーカーの存在意義
マグナ幹部インタビュー
インタビュー/ナカニシ自動車産業リサーチ代表兼アナリスト 中西孝樹
「政府主導の合併」説も浮上
フル充電で最大610キロメートルの走行が可能
かつてはテスラに出資
CASE対応は“トヨタ頼み"
Part2 トヨタと日本勢は生き残れるか
イーロン・マスクとは何者なのか
理解の範疇を超える経営者
所有者だからこそ知っている
テスラ「モデル3」の性能と乗り味を分析
既存メーカーにはない大胆さ
わずか11カ月で巨大工場を稼働
テスラ vs.トヨタ
最強自動車メーカーはどっちだ?
コロナ禍でも黒字を確保、テスラの稼ぐ力は本物か
Part1 テスラの実力を徹底解明
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内