有料会員限定

自動車版の「鴻海」が台頭 揺らぐメーカーの存在意義

印刷
A
A

「御社のEV造ります」──。自動車版製造受託サービスが中国で始まる。

マグナは昨年、グラーツ工場でEVを含む約16万台の車両を生産した

特集「テスラvs.トヨタ」の他の記事を読む

この秋、中国江蘇省である自動車プロジェクトが本格始動する。北京汽車集団傘下の電動車メーカー、北汽新能源汽車(BJEV)と、カナダの自動車部品大手マグナ・インターナショナルによる合弁工場(生産能力は年間18万台)の稼働だ。

この合弁工場はEV専用で、まずはBJEVが発売予定の高級SUV(スポーツ用多目的車)を生産する。すでに予約が開始され、公式サイトでは「マグナとの協力により並外れた製造品質を実現」との言葉が躍る。

国有企業である北京汽車集団は新エネルギー車の普及を急ぐ中国政府の方針に従い、EVなど電動車の拡販を進めている。2019年のEV販売台数は中国内で首位の15万台だった。今後は高級EVの市場が拡大すると考え、18年にマグナと提携。専用プラットホーム(車台)の共同開発を進めるとともに、EV車両の組み立て製造でもタッグを組んだのだ。

北京汽車集団と開催した共同式典の様子

トヨタも認めた技術力

北京汽車が期待するのは、マグナの「車を造る技術」だ。マグナはグループでほぼすべての自動車部品を手がけ、子会社のマグナ・シュタイヤー(MS)を通じて完成車の製造受託ビジネスも展開している。MSは昨年、本拠地オーストリアのグラーツ工場において、4メーカーの6車種、合わせて15.8万台の車両を生産した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
テスラvs.トヨタ
日本電産、村田製作所…
EV化で3分の1の部品が消える
地位が低下するパナソニック
パナもテスラも知る男が証言
揺らぐメーカーの存在意義
マグナ幹部インタビュー
インタビュー/ナカニシ自動車産業リサーチ代表兼アナリスト 中西孝樹
「政府主導の合併」説も浮上
フル充電で最大610キロメートルの走行が可能
かつてはテスラに出資
CASE対応は“トヨタ頼み"
Part2 トヨタと日本勢は生き残れるか
イーロン・マスクとは何者なのか
理解の範疇を超える経営者
所有者だからこそ知っている
テスラ「モデル3」の性能と乗り味を分析
既存メーカーにはない大胆さ
わずか11カ月で巨大工場を稼働
テスラ vs.トヨタ
最強自動車メーカーはどっちだ?
コロナ禍でも黒字を確保、テスラの稼ぐ力は本物か
Part1 テスラの実力を徹底解明
キーマンが明かす協業の裏側
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内