有料会員限定

豊田章男はなぜ決別を選んだか かつてはテスラに出資

印刷
A
A

2010年に資本提携を結びながら、成果が得られなかった理由を探る。

一時期は相思相愛だった豊田社長とマスクCEO(撮影:大澤 誠)

特集「テスラvs.トヨタ」の他の記事を読む

自動車業界で時価総額1位のテスラと2位のトヨタ自動車。両社はEVの開発で提携していたことがある。2010年に発表した提携内容は3つ。①トヨタがテスラに5000万ドル出資、②トヨタと米ゼネラル・モーターズ(GM)の生産合弁会社、NUMMIの土地や設備の一部をテスラが買い取る、③EVとその部品を開発する合弁会社の設立だ。

「ベンチャー企業であるテスラから、チャレンジ精神や意思決定のスピード、柔軟性を学ばせていただきたい」。10年前の5月にテスラ本社で開いた提携会見で、トヨタの豊田章男社長はそう語った。テスラのイーロン・マスクCEOも「テスラの歴史にとって最もエキサイティングな日の1つだ」と笑顔で話した。

当時のテスラは初のEVとなる「ロードスター」の納車が08年に始まったばかりで、売上高はようやく100億円を突破したところだった。巨額投資を要する自動車産業に挑んでいるにもかかわらず、手元資金は100億円に満たず、トヨタの出資はまたとない信用補完になった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
テスラvs.トヨタ
日本電産、村田製作所…
EV化で3分の1の部品が消える
地位が低下するパナソニック
パナもテスラも知る男が証言
揺らぐメーカーの存在意義
マグナ幹部インタビュー
インタビュー/ナカニシ自動車産業リサーチ代表兼アナリスト 中西孝樹
「政府主導の合併」説も浮上
フル充電で最大610キロメートルの走行が可能
かつてはテスラに出資
CASE対応は“トヨタ頼み"
Part2 トヨタと日本勢は生き残れるか
イーロン・マスクとは何者なのか
理解の範疇を超える経営者
所有者だからこそ知っている
テスラ「モデル3」の性能と乗り味を分析
既存メーカーにはない大胆さ
わずか11カ月で巨大工場を稼働
テスラ vs.トヨタ
最強自動車メーカーはどっちだ?
コロナ禍でも黒字を確保、テスラの稼ぐ力は本物か
Part1 テスラの実力を徹底解明
キーマンが明かす協業の裏側
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内