有料会員限定

テックスターの壮大野望 イーロン・マスクとは何者なのか

印刷
A
A

巨万の富と名声を手に入れたマスクだが、その素顔には二面性がある。

ペイパルの創業者、ピーター・ティール(左)とマスク。2000年、マスクはティールにCEO職を剥奪される(AP/アフロ)

特集「テスラvs.トヨタ」の他の記事を読む

2008年、37歳のイーロン・マスクは人生のどん底にあった。CEOを務める2つの会社がどちらも倒産の危機に瀕していたからだ。

テスラは、待望の初のEV「ロードスター」の発売に向けて苦戦していた。宇宙ベンチャーのスペースXは、3回の打ち上げに失敗し、まだ何も名を上げていなかった。悪いことは重なり、大学時代から付き合っていた最初の妻とも破局した。

それから1年も経たないうちに状況は一変する。スポーツカーのロードスターは、造れば売れた。スペースXは打ち上げに成功し、16億ドル(約1700億円)でNASAと契約を結んだ。両社は、自動車と宇宙という2つの重要な産業に革命を起こし、世界を変える可能性を秘めていた。さらにマスクは再婚した。

ジェットコースター並みに激しい人生の起伏は、マスクの半生を語るうえでもはや「定番」といえる。彼が運勢の変わりやすい人だからではない。子どもの頃の経験に起因する内面の複雑さと、自己矛盾、そして常軌を逸した壮大な野望によるものなのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
テスラvs.トヨタ
日本電産、村田製作所…
EV化で3分の1の部品が消える
地位が低下するパナソニック
パナもテスラも知る男が証言
揺らぐメーカーの存在意義
マグナ幹部インタビュー
インタビュー/ナカニシ自動車産業リサーチ代表兼アナリスト 中西孝樹
「政府主導の合併」説も浮上
フル充電で最大610キロメートルの走行が可能
かつてはテスラに出資
CASE対応は“トヨタ頼み"
Part2 トヨタと日本勢は生き残れるか
イーロン・マスクとは何者なのか
理解の範疇を超える経営者
所有者だからこそ知っている
テスラ「モデル3」の性能と乗り味を分析
既存メーカーにはない大胆さ
わずか11カ月で巨大工場を稼働
テスラ vs.トヨタ
最強自動車メーカーはどっちだ?
コロナ禍でも黒字を確保、テスラの稼ぐ力は本物か
Part1 テスラの実力を徹底解明
キーマンが明かす協業の裏側
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内