有料会員限定

加速力はポルシェ以上 テスラ「モデル3」の性能と乗り味を分析

印刷
A
A

ライバル車と比較することで、その強みがはっきりわかる。

マスマーケットを狙うテスラ「モデル3」。ライバルの日本車としては、日産自動車「リーフ」、バッテリーのみでも60キロメートル走行可能なトヨタ自動車のプラグインハイブリッド車「プリウスPHV」が挙げられる。3車を比較すると、モデル3の特徴が際立つ。

速度計などが備え付けられているインストルメントパネルがない。車の情報はすべて中央のモニター(下)に表示

特集「テスラvs.トヨタ」の他の記事を読む

モデル3で運転姿勢を取ると驚く。あまりにもすっきりしているのだ。横一直線に貫くダッシュボードは、実にシンプル。カーナビや車両状況を映し出す15インチモニターは、ややドライバー寄りに配置されており、車内のスイッチの数は最小限。運転以外の操作の大半をタッチパネルで行う。まるでスマートフォンの感覚だ。

これに対して、リーフは普通の車という印象が強い。ダッシュボードには丸形のメーター、センターコンソールにはカーナビなどを映し出す画面がある。主婦がミニバンや軽自動車から乗り換えても、すぐになじむような各種スイッチ類のレイアウトを心がけたという。

プリウスPHVの場合、センターコンソールの縦型11.6インチ画面が強い存在感を示しており、感性、直感、近未来といった雰囲気を演出している。とはいえ、通常形式のスイッチ類も併存しており、モデル3と比べると、普通の車の域を出ていない印象が残る。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
テスラvs.トヨタ
日本電産、村田製作所…
EV化で3分の1の部品が消える
地位が低下するパナソニック
パナもテスラも知る男が証言
揺らぐメーカーの存在意義
マグナ幹部インタビュー
インタビュー/ナカニシ自動車産業リサーチ代表兼アナリスト 中西孝樹
「政府主導の合併」説も浮上
フル充電で最大610キロメートルの走行が可能
かつてはテスラに出資
CASE対応は“トヨタ頼み"
Part2 トヨタと日本勢は生き残れるか
イーロン・マスクとは何者なのか
理解の範疇を超える経営者
所有者だからこそ知っている
テスラ「モデル3」の性能と乗り味を分析
既存メーカーにはない大胆さ
わずか11カ月で巨大工場を稼働
テスラ vs.トヨタ
最強自動車メーカーはどっちだ?
コロナ禍でも黒字を確保、テスラの稼ぐ力は本物か
Part1 テスラの実力を徹底解明
キーマンが明かす協業の裏側
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内