有料会員限定

電動化では全方位戦略を維持、我慢を続ける巨象トヨタ Part2 トヨタと日本勢は生き残れるか

印刷
A
A

トヨタにはガソリン車もHVもFCVもある。だからこそ、今後の舵取りは難しい。

2020年末に発売されるFCV「ミライ」の新型車。航続距離は3割伸びた

特集「テスラvs.トヨタ」の他の記事を読む

週刊東洋経済 2020年10/10号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

時価総額では米テスラに抜かれたトヨタ自動車だが、「電動車」の販売台数で比較すれば、同社の圧倒的な強さが見えてくる。EV専業のテスラの2019年販売実績は37万台弱。これに対して、トヨタが昨年販売した電動車は192万台と5倍以上。そのほとんどはエンジンと駆動モーターを両方搭載したハイブリッド車(HV)だ。

株式市場でテスラが一躍脚光を浴びたことで、EVが電動車の主役になった印象がある。だが、冷静に見ればEVはまだ世界の新車販売台数のわずか2%にすぎず、電動車としてはHV(市場構成比は5%)のほうが台数が多い。

しかも、少なくとも今後10年間という期間で見れば、電動車のメインストリームを担うのはHVだ。EVは充電インフラの整備や航続距離、さらには車両価格の高さなどがネックとなり、本格的な普及にはまだ時間がかかる。

その点、エンジンのパワーを発電にも活用するHVは充電インフラを必要とせず、EVより車両価格が安価。米系コンサルティング会社アーサー・ディ・リトル・ジャパンの予測では、全新車市場に占めるHV構成比が30年には36%にまで高まる見込み。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
テスラvs.トヨタ
日本電産、村田製作所…
EV化で3分の1の部品が消える
地位が低下するパナソニック
パナもテスラも知る男が証言
揺らぐメーカーの存在意義
マグナ幹部インタビュー
インタビュー/ナカニシ自動車産業リサーチ代表兼アナリスト 中西孝樹
「政府主導の合併」説も浮上
フル充電で最大610キロメートルの走行が可能
かつてはテスラに出資
CASE対応は“トヨタ頼み"
Part2 トヨタと日本勢は生き残れるか
イーロン・マスクとは何者なのか
理解の範疇を超える経営者
所有者だからこそ知っている
テスラ「モデル3」の性能と乗り味を分析
既存メーカーにはない大胆さ
わずか11カ月で巨大工場を稼働
テスラ vs.トヨタ
最強自動車メーカーはどっちだ?
コロナ禍でも黒字を確保、テスラの稼ぐ力は本物か
Part1 テスラの実力を徹底解明
キーマンが明かす協業の裏側
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内