有料会員限定

大打撃企業の生き残り策 EV化で3分の1の部品が消える

印刷
A
A

「売り上げが半分になる」と焦る経営者もいる。新たな収益源探しに必死だ。

エンジン関連の部品は確実に減る(写真はトヨタの元町工場)。

特集「テスラvs.トヨタ」の他の記事を読む

EVをはじめとする電動車が普及していけば、エンジン関連や駆動系など一部の部品は不要になる。経済産業省の試算によると、エンジン車で約3万点ある部品のうち、EVでは約1.1万点が不要となる。従来部品を主力とする既存部品メーカーは淘汰の波にのまれるのか、それとも将来の収益柱を見つけられるのか──。生き残りへの戦いが始まっている。

「当社にとって電動化は地殻変動。もし何も対策をしなければ、いずれ売り上げは半分程度になってしまう」。ホンダ系列の部品サプライヤーである武蔵精密工業の大塚浩史社長は、危機感をあらわにする。現在主力とするエンジン部品のカムシャフトやトランスミッション(変速機)のギアは、EVでは不要なため、電動化の影響は大きい。

しかも同社は売り上げの3割を欧州事業が占める。欧州は世界で最も環境規制の強化が進んでおり、ほかの地域に先駆けて電動化が進む。北米などを主力とする大半の日系サプライヤーに比べ、同社はこの点でも電動化の影響をいち早く受ける収益構造なのだ。株式市場ではこうした点が嫌気され、同社の足元の株価は、ピークだった2018年5月と比べて半分程度にまで下落している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
テスラvs.トヨタ
日本電産、村田製作所…
EV化で3分の1の部品が消える
地位が低下するパナソニック
パナもテスラも知る男が証言
揺らぐメーカーの存在意義
マグナ幹部インタビュー
インタビュー/ナカニシ自動車産業リサーチ代表兼アナリスト 中西孝樹
「政府主導の合併」説も浮上
フル充電で最大610キロメートルの走行が可能
かつてはテスラに出資
CASE対応は“トヨタ頼み"
Part2 トヨタと日本勢は生き残れるか
イーロン・マスクとは何者なのか
理解の範疇を超える経営者
所有者だからこそ知っている
テスラ「モデル3」の性能と乗り味を分析
既存メーカーにはない大胆さ
わずか11カ月で巨大工場を稼働
テスラ vs.トヨタ
最強自動車メーカーはどっちだ?
コロナ禍でも黒字を確保、テスラの稼ぐ力は本物か
Part1 テスラの実力を徹底解明
キーマンが明かす協業の裏側
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内