「ゲームはディズニーやネットフリックスより稼げる」 ネクソン オーウェン・マホニー社長

印刷
A
A
ネクソンのオーウェン・マホニー社長は「強力な世界的IPを持ち、あらゆるインタラクティブなメディアで生かせる企業が圧倒的な勝者になる」と主張する(写真:ネクソン)

特集「アフターコロナの岐路」の他の記事を読む

パソコン(PC)やスマートフォン向けオンラインゲームを手がけるネクソンの株価が絶好調だ。今年5月には2011年の上場以来、初めて2兆円を突破。足元でも2兆2000億円前後を維持している。
同社は日本に本社を置くが、売上高の8割を占めるのが中国と韓国だ。特に韓国では、2003年に開始し世界で1億8000万人のユーザーを抱えるPC向け長寿RPG『メイプルストーリー』が空前のヒットとなっており、2020年12月期第1四半期は前年同期比で売上高が2.3倍となった。四半期としては過去最高だ。スマホ版も同2.8倍という勢いだ。
これまで最も売り上げを稼いできた中国で展開するPC向けRPG『アラド戦記』(登録ユーザー7億人)は2019年後半から不調だったが、足元では盛り返しつつある。さらに今年8月には全社を挙げて注力するアラド戦記のスマホ版の配信も始まる。事前登録者数は5900万人を超えており、一段高い成長への期待感が株価にも表れているといえる。
中国や韓国では新型コロナウイルスの感染がいち早く広がったが、その影響もほとんど受けていない。むしろ「エンターテインメントの主流がオンラインへ移っていくということを、コロナが一層明白にした」と語るのは、ネクソンのオーウェン・マホニー社長だ。“コロナ後”のエンタメの形はどう変わっていくのか。マホニー社長が縦横に語った。

没入できるゲームに特化

──業績と株価はかつてない好調ぶりを見せています。この要因は何だと考えていますか。

大きく3つある。まず展開する各タイトルが好調ということ。複数のタイトルで一貫した上昇トレンドがある。特に韓国におけるメイプルストーリーの業況はよい例だ。

もう1つが2019年の下期に大きな戦略転換をしたことだ。われわれが得意なこと、つまり、深く没入した体験ができるゲームの開発への注力を決めた。ゲームのプレー方法を学びやすい一方で、マスターするのは難しいというものを指す。幅広い人にアピールできると同時に、何年も深くプレーをしてもらえる。メイプルストーリーは17年、アラド戦記は14年、そしてレーシングゲームの『カートライダー』は15年もの間、中国や韓国を中心にPCユーザーに親しまれてきた。

主力PCゲーム『アラド戦記』(左)が中国で、『メイプルストーリー』(右)が韓国でヒットしている(画像:ネクソン)

多くの業界他社と同様に、(簡単にプレーできるパズルなどの)カジュアルゲームや、1人でストーリーを進めるタイプのゲームも開発してきたが、そうしたタイトルの展開をすべて止めた。没入できるバーチャルワールドを体験できるゲームだけに注力することにした。われわれが切り開いた領域だからだ。その結果が今の業績に表れている。

3つ目がグローバルな産業の変化だ。エンタメ業界全体として、メディアはオフラインからオンラインへと移りつつある。つれて、映画や音楽、スポーツといった一方向のメディアから、ゲームや「TikTok(ティックトック)」のような双方向のメディアへの転換が進んでいる。

──こうした変化は新型コロナの影響も大きいですか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アフターコロナの岐路
「インフラからプラットフォームに領域を広げる」
三菱UFJフィナンシャル・グループ 亀澤宏規社長
「多品種、多国籍が強みになる」
ミネベアミツミ 貝沼由久社長
「音楽は変わらない。楽しみ方は変わる」
ヤマハ 中田卓也社長
「ネット社会と付き合うリテラシーが求められる」
イー・ガーディアン 高谷康久社長
「世界をリードする技術革新力が必要だ」
東京エレクトロン 河合利樹社長
「生き残る配信事業者は3つ。そこに入りたい」
U-NEXT 堤天心社長
「コロナで『第5次産業革命』が起きる」
パソナグループ 南部靖之代表
「車の需要は多様化する。新たな収益源に挑戦していく」
ヤナセ 吉田多孝社長
「移動サービスで街を活性化させる」
Mellow 森口拓也代表
「ゲームはディズニーやネットフリックスより稼げる」
ネクソン オーウェン・マホニー社長
「ゲーム内コミュニテイはさらに広がる」
スクウェア・エニックス・ホールディングス 松田洋祐社長
「オールジャパンでワクチン開発を」
大阪大学 森下竜一教授
「科学に基づいた知見や製品を広めていく」
島津製作所 上田輝久社長
「今こそ宗教の多様性が求められている」
東大寺 狹川普文別当
「社内の“空気"が日本企業のM&Aを止めている」
GCA 渡辺章博社長
「商品数は半減、“演出"はどんどん増やす」
ゴールドウイン 渡辺貴生社長
「100円ショップでも100円にはこだわらない」
ワッツ 平岡史生社長
「在宅勤務で家計の負担は増え続ける」
CDエナジーダイレクト 山東要社長
「買収は積極的に仕掛ける」
カインズ 土屋裕雅会長
「量から質へ、自動車ビジネスは商売のやり方を変える」
旭化成 小堀秀毅社長
「中間管理職より“中間経営職"を目指せ」
経営共創基盤 冨山和彦CEO
「地球温暖化への危機感がいっそう増している」
気候変動イニシアティブ 末吉竹二郎代表
「観戦が主軸のビジネスモデルを変えていく」
新日本プロレス ハロルド・ジョージ・メイ社長
「“小粒"のサプライヤーのままでいたくない」
ジーテクト 高尾直宏社長
「リモートファクトリーの推進役に」
川崎重工業 橋本康彦社長
「ローカル重視のサプライチェーンが広がる」
NTT 澤田純社長
「危機時にこそ、投資を続ける」
リクルートホールディングス 峰岸真澄社長
「カメラに従来と違う魅力が生まれている」
キヤノン 戸倉剛常務執行役員
「生活スタイルに合わせて、鉄道ビジネスも変えていく」
JR東日本 深澤祐二社長
「損保のデジタル化が加速する」
MS&ADインシュアランスグループホールディングス 原典之グループCEO
「日本の自動車産業を刺激する。それができたら十分だ」
モネ・テクノロジーズ 宮川潤一社長
「次世代トラック開発に、遅れも焦りもない」
日野自動車 下義生社長
「適正な運賃を求めていく」
佐川急便 本村正秀社長
「私たちがデリバリー市場の存在を証明した」
Uber Eats日本代表 武藤友木子
「低単価レストランにもう一度挑戦する」
サイゼリヤ 堀埜一成社長
「起業する若い人たちの気持ちは冷えていない」
ジャフコ 豊貴伸一社長
「前の体制にはもう戻れない」
ジャパンエレベーターサービスホールディングス 石田克史会長兼CEO
「動画配信の世界でいろんなコラボをしたい」
スカパーJSATホールディングス 米倉英一社長
「科学的根拠に基づき、コロナと共存していく」
マルハン 韓裕社長
「ウェブでの顧客接点を増やしていきたい」
NTTドコモ 吉澤和弘社長
「鉄道運賃のあり方を根本的に進化させる」
JR西日本 長谷川一明社長
「自販機事業への投資こそが成長する道だ」
コカ・コーラ ボトラーズジャパンHD カリン・ドラガン社長
「在宅勤務で生まれた課題を解決する」
富士ゼロックス 玉井光一社長
「都市の構造は簡単には変わらない」
早稲田大学理工学術院 森本章倫教授
「社員に来てもらえるオフィスが必要だ」
シービーアールイー 坂口英治社長
「都会の視点で地方交通の問題は解決できない」
両備グループ 小嶋光信代表兼CEO
「加熱式で巻き返すチャンスはある」
日本たばこ産業 寺畠正道社長
「米中に続く“第三極"の強みをいよいよ発揮できる」
Zホールディングス 川邊健太郎社長
「循環型社会をグローバルに実現したい」
メルカリ 山田進太郎社長
「コロナワクチンを焦って開発しない」
塩野義製薬 手代木功社長
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内