「国内線を増やすなら今しかない」 ピーチ・アビエーション 森健明CEO

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
拡大
縮小
ピーチ・アビエーションの森健明CEOは「ステイジャパンの状況下で、国内旅行を盛り上げる」と強調した(記者撮影)

特集「アフターコロナの岐路」の他の記事を読む

航空業界は依然として深い底にある。国内航空最大手の全日本空輸(ANA)は6月の国内線便数が計画比で30.5%と低空飛行が続く。
そんな中、ANAと同一グループの国内LCC(格安航空会社)最大手のピーチ・アビエーションは6月19日、国内全22路線のうち運休していた12路線で一部復便を実施し、国内全路線での運航を再開。7月22日には国内線全便を復活させる。
同業他社が平時の高需要路線ですら減便措置を取る中、あえて地方路線などを含む全路線の運航を再開するのはなぜか。4月に就任した森健明CEOに聞いた。

国内全路線の運行再開はいいタイミングだった

──6月19日から国内全22路線で運航を再開しました。政府の都道府県外への移動解禁日と重なっていますが、関係があったのでしょうか。

たまたま同じ日になった。5月に緊急事態宣言が解除されて、1カ月くらい経てばどこの地域へも飛べるかなと粗く見立て、6月中旬からの全路線における運航再開をずっと議論してきた。そのうえで、週末はお客さんが集まるため、6月中旬の週末である19日と定めた。

当然、各地で感染が収束しなかったり、医療体制が逼迫していれば、運航再開を取り下げる覚悟もしていた。その数日後、たまたま政府が同日から県をまたぐ移動をできると発表し、結果的にちょうどいいタイミングとなった。

──「粗く見立て」たということは、感染者数などの各種指標を踏まえた判断ではないと?

感染者数の情報はかなり細かく見ている。4月ごろから国や都道府県単位だけでなく、奄美大島や石垣島といった就航先の離島単位まで、どのように感染者が発生しているかをきめ細かく確認している。

次ページまずは飛ぶ
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アフターコロナの岐路
アフターコロナの岐路
スペシャル・インタビュー
「これを乗り越えれば観光業の“勲章"になる」
星野リゾート 星野佳路代表
「われわれにとって、すべてがいい方向に動いている」
ワークマン 土屋哲雄専務
「自動車用鋼板のチャレンジに終わりはない」
東京製鉄 西本利一社長
「国内線を増やすなら今しかない」
ピーチ・アビエーション 森健明CEO
「ゼネコンの枠にとらわれず、ポートフォリオを変える」
大林組 蓮輪賢治社長
「大箱の超高層都市は終わり、自然との一体型へ変わる」
建築家 隈研吾
「GAFAはパートナー、中小企業のデジタル化を支援していく」
リコー 山下良則社長
「働き方を変えないと、生き残れない」
日立製作所 中畑英信 CHRO
「半導体のモノ売りからコト売りを広げていく」
ソニーセミコンダクタソリューションズ 染宮秀樹 執行役員
「『疑似資本』ローンで企業の再建を促したい」
横浜銀行 大矢恭好頭取
「地銀から『地域価値創造会社』に生まれ変わる」
山口フィナンシャルグループ 吉村猛会長兼CEO
「家を快適にすることにお金を使う人が増える」
LIXILグループ 瀬戸欣哉CEO
「小売業は“黄金の方程式"が通用しなくなる」
日本オムニチャネル協会 鈴木康弘会長
「回転ずしは続く。“空いた場所"を取りに行く」
スシローグローバルホールディングス 水留浩一社長
「国全体の『フレックス化』を考えよう」
工業デザイナー 水戸岡鋭治
「百貨店ならではのデジタル化の道筋がある」
エイチ・ツー・オー リテイリング 荒木直也社長
「ベンチャーは少しの判断の遅れで“死ぬ"時代に」
LayerX 福島良典CEO
「出版界が廃れる前に、合従連衡の心構えを」
紀伊國屋書店 高井昌史会長兼社長
「外食の値上げは許せないという意識を変えてほしい」
クージュー 松田公太 CEO
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内