「国全体の『フレックス化』を考えよう」 工業デザイナー 水戸岡鋭治

✎ 1〜 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 最新
拡大
縮小
水戸岡氏は「コロナ対策なんて、日本の住宅ではもともとできていた」と語る(撮影:梅谷秀司)

特集「アフターコロナの岐路」の他の記事を読む

工業デザイナーの水戸岡鋭治氏は、JR九州の豪華寝台列車「ななつ星 in 九州」や新幹線800系などを手掛けた鉄道デザインの第一人者。観光列車を地域活性化の起爆剤にしたいと考える各地の自治体や鉄道会社からひっぱりだこの存在だ。
鉄道以外の交通機関のデザインにも携わっており、2019年11月から東京・池袋周辺を回遊する路線バス「IKEBUS(イケバス)」のデザインも行った。
水戸岡氏がデザインする鉄道車両は、鉄やプラスチックの代わりに木材をふんだんに使っている。天然の素材を使うことで、利用者に環境意識や物を大切にする意識を高めてもらいたいという狙いがある。
そんな水戸岡氏は、アフターコロナの時代における鉄道の役割をどのように考えているのだろうか。6月下旬のある日、都内にある水戸岡氏の事務所を訪ねた。

自宅をオフィスにできるようなデザインを

──水戸岡さんご自身は、外出自粛時はどのように仕事をしていたのですか。

この3カ月くらい電話も少ないし、打ち合わせも半分以下。こんなにゆっくりしたのは生まれて初めて。でも、将来は現在とは違うウイルスが来るかもしれない。そのときにあわてないような、どんなウイルスが来ても対応できるような、生活環境や生き方を準備しておく必要がある。

今回はそのときに備えて考える時間が与えられたと思っている。私たちデザイナーの仕事は豊かなコミュニケーションが生まれる場所を作って、みんなの生活を豊かにすることだけど、その前に「安心・安全」が先に来た。30年後くらいにこういう問題が来るんじゃないかと思っていたが、急に来たね。

コロナで人と人が接近してはいけないということになり、多くの人が在宅勤務を余儀なくされているが、自宅に仕事場を確保できない人はたくさんいる。それぞれの家をオフィスにできるようなデザインを考えないといけない。

自宅を必要に応じて一瞬でオフィスにできるパネルやカーテンがあるといいね。将来のオフィスも今とは変わる。広い空間だけあればよくて、スイッチを押すと天井からパネルが降りてきて、部屋を仕切るようなものにすればいい。

──鉄道のあり方も変わりますか。

住宅を仕切るという考え方は鉄道の車両でも使える。例えば、客室内に車両を仕切るパネルがあちこちから出てきて、瞬時に個室化するといった仕組みかな。電車の中を個人のオフィスにするシステムを作って、そこを予約すれば、通勤しながら仕事ができるとかね。

──最近の電車は窓を開けて走って、空気を入れ換えています。イケバスも窓を開けて走るのがコンセプトですね。

次ページ体力、気力、知力をステップアップする
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アフターコロナの岐路
アフターコロナの岐路
スペシャル・インタビュー
「これを乗り越えれば観光業の“勲章"になる」
星野リゾート 星野佳路代表
「われわれにとって、すべてがいい方向に動いている」
ワークマン 土屋哲雄専務
「自動車用鋼板のチャレンジに終わりはない」
東京製鉄 西本利一社長
「国内線を増やすなら今しかない」
ピーチ・アビエーション 森健明CEO
「ゼネコンの枠にとらわれず、ポートフォリオを変える」
大林組 蓮輪賢治社長
「大箱の超高層都市は終わり、自然との一体型へ変わる」
建築家 隈研吾
「GAFAはパートナー、中小企業のデジタル化を支援していく」
リコー 山下良則社長
「働き方を変えないと、生き残れない」
日立製作所 中畑英信 CHRO
「半導体のモノ売りからコト売りを広げていく」
ソニーセミコンダクタソリューションズ 染宮秀樹 執行役員
「『疑似資本』ローンで企業の再建を促したい」
横浜銀行 大矢恭好頭取
「地銀から『地域価値創造会社』に生まれ変わる」
山口フィナンシャルグループ 吉村猛会長兼CEO
「家を快適にすることにお金を使う人が増える」
LIXILグループ 瀬戸欣哉CEO
「小売業は“黄金の方程式"が通用しなくなる」
日本オムニチャネル協会 鈴木康弘会長
「回転ずしは続く。“空いた場所"を取りに行く」
スシローグローバルホールディングス 水留浩一社長
「国全体の『フレックス化』を考えよう」
工業デザイナー 水戸岡鋭治
「百貨店ならではのデジタル化の道筋がある」
エイチ・ツー・オー リテイリング 荒木直也社長
「ベンチャーは少しの判断の遅れで“死ぬ"時代に」
LayerX 福島良典CEO
「出版界が廃れる前に、合従連衡の心構えを」
紀伊國屋書店 高井昌史会長兼社長
「外食の値上げは許せないという意識を変えてほしい」
クージュー 松田公太 CEO
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内