電子マネー革命 キャッシュレス社会の現実と希望 伊藤亜紀著

電子マネー革命 キャッシュレス社会の現実と希望 伊藤亜紀著

Edy、Suica、nanacoなど、電子マネーの発行枚数は1億3000万枚を突破。庶民の買い物ツールは今や、現金から電子データへと急速に置き換えが進んでいる。

世界各国で民間電子マネーが続々と発行され、国際決済に占める割合が高まっていったとき、生き残るのは各国通貨か、それとも電子マネーか。後者の膨張によって国家の信用力が問われる事態となるかもしれない。その先には世界共通通貨の可能性もはらむ。

電子マネーやポイントなどの疑似通貨の仕組みと業界の最前線を、決済ビジネスの法務に関する専門家が、爆発的な電子マネーの普及は人類の経済活動の根本を覆す一大変革だと述べつつ、解説する。

講談社現代新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。