民主党代表選、錯綜する対立を制するのは?

世代対立、路線対立、政策対立・・・

24日には同会の武正公一氏や近藤洋介氏らが岡田氏に出馬を要請したのも、背後に野田氏の意向があるとみられている。可哀想なのは蓮舫氏だが、「本人が出馬の意向を口にしたとたん、花斉会が岡田氏を推すことを決定したよ」と民主党関係者が憐れむように言った。「不徳のいたすところ」というのは、こういうことか。

この代表選では、党員やサポーターも参加するため、先の選挙を巡る選挙区調整を巡る現執行部への不満が、どのように影響をしていくかが、ひとつのカギになる。中でも、愛知県連が、愛知12区が不満を募らせている。

愛知12区は民主党の中根康浩氏が出馬を予定していた。だが、党本部は維新の党と候補者調整を行い、小選挙区は維新の党の重徳和彦氏を応援し、中根氏を比例単独1位に優遇している。この調整を巡り、中日新聞は21日、愛知県連が党本部に抗議することを決定したと報じた。

国政選挙担当の代表代行として維新の党との候補調整に携わった岡田氏に、当然その火の粉は降り注ぐ。岡田氏サイドは悔しがる。「もともと岡田は12区を維新の党に譲るのは反対だった。最後は海江田代表が決めた。岡田は頼まれて12区に入り、中根氏を説得した。比例で優遇され、中根氏は当初は喜んだはずだ」。こうしたごたごたもあり、今回の代表選は思わぬ「骨肉の争い」になりそうな様相だ。

細野氏が会長を務める静岡県が勇み足?

細野陣営が勇み足?(撮影:尾形文繁)

細野氏が会長を務める民主党静岡県総支部連合会は12月22日、代表選に立候補する細野氏を支援するために県連内に選挙対策本部を設置することを決定した。さらに1月には、同県連総支部支長名で協力を呼び掛ける文書を配布する予定だ。

ところが2012年8月に党中央選管が決定した中央代表選挙管理委員会規定第23条3の六によると「中央および地方の党組織は、その組織・機関の名において特定の代表候補者を支援する活動をしてはならない」と規定しており、同県連の行為はこれに抵触する可能性がある。「細野陣営は初めての代表選だから慣れていないのかもしれないけど、きちんとルールを確認すべきですね」。岡田氏サイドは余裕の構えだ。

この代表選は「世代間の闘い」という対立軸もある。43歳の細野氏が代表に就任すれば、党内でいっきに世代交代が進むだろう。いち早く20日に50歳の枝野幸男幹事長が岡田氏支持を宣言したのも、一気に40代に党の主導権が移ってしまうのを懸念したためと言われている。

次ページ前原氏は出馬するのか?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT