1円家電のカラクリ 0円iPhoneの正体 坂口孝則著

1円家電のカラクリ 0円iPhoneの正体 坂口孝則著

家電量販店などでパソコンやゲーム機などを「1円」で売っているのを見る機会が増えた。それでは小売店は赤字だと考えるのが普通だが、実はメーカーから値下げ分の補助金をもらい、利益を確保していたりする。あるいは、商品を1円で販売しても、実際にサービスを受ける際の追加コストで利益を確保する。

家電量販業界に顕著なこうしたビジネスモデルは「逆転経済」と呼ばれる。この現象は一見、消費者に得なように見えるが、労働者の賃金の引き下げへと跳ね返るため、現実は労働者=消費者が負担していたりする。

バイヤー兼調達・購買業務研究家である著者が、「逆転経済」の利益構造の仕組みの解明と功罪を考察する。

幻冬舎新書 777円

  

関連記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。