1円家電のカラクリ 0円iPhoneの正体 坂口孝則著

1円家電のカラクリ 0円iPhoneの正体 坂口孝則著

家電量販店などでパソコンやゲーム機などを「1円」で売っているのを見る機会が増えた。それでは小売店は赤字だと考えるのが普通だが、実はメーカーから値下げ分の補助金をもらい、利益を確保していたりする。あるいは、商品を1円で販売しても、実際にサービスを受ける際の追加コストで利益を確保する。

家電量販業界に顕著なこうしたビジネスモデルは「逆転経済」と呼ばれる。この現象は一見、消費者に得なように見えるが、労働者の賃金の引き下げへと跳ね返るため、現実は労働者=消費者が負担していたりする。

バイヤー兼調達・購買業務研究家である著者が、「逆転経済」の利益構造の仕組みの解明と功罪を考察する。

幻冬舎新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT