経済古典は役に立つ 竹中平蔵著

経済古典は役に立つ 竹中平蔵著

困難な問題を解決するスキルとしての「経済古典」の読み方を、小泉内閣で構造改革を手掛けた著者が、経済や政策のあり方に結び付けて教示する。同時に時代背景、人物像、学説の「生の声」によって、その古典の今日的意義を浮き彫りにしようと試みる。

取り上げる古典は18世紀以降の欧米9人の著作。「その後の経済分析に決定的な役割を果たす」“見えざる手”のスミスから始まって、「悲観的世界観」のマルサス、リカード、マルクス、「異論」を説いたケインズ、「創造的破壊」のシュムペーター、最後に「安易に政府が経済を操作する」問題点を指摘したハイエク、フリードマン、ブキャナンまで、先人たちの経済の本質をとらえる努力を解説する。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。