日本株に意外なXmasプレゼント、中身は?

「ダウの呪い」を解くカギが見つかった?

前回(12月7日)のコラム「不吉?日経平均とNYダウが交わるとき」でも指摘した通り、日本株について警告してきた「ダウの呪い」(ダウ平均のポイントを日経平均が抜いたり接近したりする時、日経平均の目先天井となるというもの。今回も警告は現実になった)は、蓋然性のない、まさにアノマリーだ。

日本株に「クリスマスプレゼント」?

一方で、株価を考えるうえで、有力な指標の一つにPER(株価収益率=株価÷1株利益)があるが、日米の株価を比較する際、その「PERの縛り」には理屈があるのだ。

どういうことだろうか。やさしくかつ自虐的にいえば、世界で独り勝ちしていて、成長企業を抱えるアメリカのPERを、借金だけが世界一の、人口減少国日本が抜くのはおかしい(抜くはずがない)ということだ。

だが、PERを考えるうえでは、ちょっとした朗報があった。12月17日(水)に、今まで今期の業績予想を出していなかった東京電力が、当期純利益5210億円と言う予想数字を出したのだ。

当然のことながら、日本経済新聞は、株式欄で上場企業のさまざまな情報を出しているが、日経としては予想を出していない企業の数字は、便宜上ゼロとしてカウントする。

従って計算上は、日経平均採用銘柄である東京電力が、従来の「利益計画ゼロ」から、膨大な上方修正をしたことになり、12月18日(木)は390円高をしたにもかかわらず、前17日の15.64倍に対して15.52倍と、逆にPERの低下となったのだ。

続く12月19日(金)は、読者の皆様もご存じのとおり、さらに411円高となって、1万7600円台に乗せた。だが、実は日経平均予想のPERは、12月21日現在、15.93倍である。

この数値をどう評価するか。長年日本株を見てきた筆者は、日本株の総合的な実力を勘案すると、日本株の警戒ゾーン(下落する危険性のあるゾーン)は「PER16倍台後半」としているが、現状は16倍後半どころか、16倍にも乗せていない、ということになる。

次ページ目先の株価と2015年の相場はどうなる?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT