有料会員限定

ミッキーマウスは本当に強いのか? 日本市場はこう攻める[キャラクター]

印刷
A
A

過渡期を迎える日本のキャラクタービジネス。キャラクターが乱立する中、ディズニーの実力は?

©Disney “Winnie the Pooh”characters are based on the“Winnie the Pooh” works, by A.A. Milne and E.H. Shepard

特集「ディズニーの正体」の他の記事を読む

日本のキャラクタービジネスは、テレビ主導型と商品主導型に大別できる。前者は、人気のあるコミック作品などを映像化し、テレビ放送で露出を図り、商品化を行うものであり、通常、放送終了後には商品販売も終了する場合が多い。

後者は、店頭におけるキャラクター商品自体がメディアとなり、商品購入につながるケースだ。ハローキティやリラックマのような、商品化を目的に開発されたキャラクターのほか、絵本などから生まれたキャラクターも後者の場合が多い。

こうした日本のキャラクタービジネスは、デジタル化が進展するメディア環境の変化と、チェーン化が進む流通環境の変化などに伴い、ここ数年、過渡期を迎えている。テレビのパワーが減退する一方で、大型家電量販店の出店ラッシュに象徴されるように流通はマス化、結果として売り上げが予測しやすい定番キャラクターに集中している。特に未就学児や小学生層では、「ポケットモンスター」や「アンパンマン」などに集約される傾向が見られる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ディズニーの正体
オリエンタルランド、独り勝ちゆえの悩み
東京ディズニーリゾート
ディズニー日本法人のトップに聞く最新戦略
日本市場はこう攻める[ディズニーとジブリ]
日本市場はこう攻める[キャラクター]
提携企業から見たディズニー
日本市場はこう攻める[オトナ市場]
日本市場はこう攻める[ケータイ]
日本市場はこう攻める[テクノロジー]
日本市場はこう攻める[ローカル化]
▶︎▶︎Part2 日本市場はこう攻める [マーケティング]
BSチャンネル数拡大の中
グローバル展開で見せた現地対応の妙
米国テレビ業界最新事情
始まりは小さなスタジオ
▶▶PART1 巨大メディア企業の戦略
[INTERVIEW]ディズニー/ABCテレビジョングループプレジデント
知られざる世界企業の全貌
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内