有料会員限定

日本向けに生まれ変わるディズニーの人気作品 日本市場はこう攻める[ローカル化]

印刷
A
A

米国で生まれたディズニー作品が、日本のアニメスタジオによって日本向けにリメークされ、アジア、米国にも輸出される。

「10年前なら絶対に考えられなかった」。ウォルト・ディズニー・ジャパンの社内外からこんな声が聞こえてくる。米ウォルト・ディズニー・カンパニーが、人気作品『リロ&スティッチ』の日本版の制作をディズニー・ジャパンに任せたのが3年前。日本のアニメスタジオと組んで作られた日本版『スティッチ!』は人気を呼び、現在、続編のシーズン2が放送されている。

日本版の舞台は沖縄。登場人物も日本人だ

特集「ディズニーの正体」の他の記事を読む

この好評を受け、年内にもアジアで日本版『スティッチ!』の放送が始まり、来年末までに、実に世界140カ国で放送される運びだ。日本向けに制作された日本発のアニメが、ディズニーの看板をつけて、世界へと配信されることになった。

ディズニー・チャンネル バイス プレジデント&ジェネラル マネージャー / エディ・カックス

制作は日本で完結 モニター調査は毎週実施

「2003年の劇場公開時から、スティッチのキャラクターが日本の消費者に熱烈に愛されていることに気がついていた。調査の結果、人気の程は数字にもしっかり表れていたし、何よりもグッズの売り上げがいつまでも落ちないことに驚いた。他国では公開終了と同時に落ちているのに、日本では売れ続けている。日本に市場があると確信した」(テレビ番組の企画制作を担当しているエディ・カックス氏)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ディズニーの正体
オリエンタルランド、独り勝ちゆえの悩み
東京ディズニーリゾート
ディズニー日本法人のトップに聞く最新戦略
日本市場はこう攻める[ディズニーとジブリ]
日本市場はこう攻める[キャラクター]
提携企業から見たディズニー
日本市場はこう攻める[オトナ市場]
日本市場はこう攻める[ケータイ]
日本市場はこう攻める[テクノロジー]
日本市場はこう攻める[ローカル化]
▶︎▶︎Part2 日本市場はこう攻める [マーケティング]
BSチャンネル数拡大の中
グローバル展開で見せた現地対応の妙
米国テレビ業界最新事情
始まりは小さなスタジオ
▶▶PART1 巨大メディア企業の戦略
[INTERVIEW]ディズニー/ABCテレビジョングループプレジデント
知られざる世界企業の全貌
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内