有料会員限定

次の成長戦略を描けるか オリエンタルランド、独り勝ちゆえの悩み

印刷
A
A

盤石に見えるオリエンタルランドだが、投資家からは「魅力がない」との声も挙がる。課題はTDRの“次”の戦略だ。

「投資対象としてまったく魅力がない」。オリエンタルランド(OLC)は、海外投資家から時としてそう見られる。

テーマパークで独り勝ちを続ける東京ディズニーリゾートだが、OLCという企業としてみると、また違った側面が浮かび上がる。OLCの自己資本当期利益率(ROE)は4.7%(2009年3月期)。世界的にROE10%以上が優良企業といわれる中、OLCのそれは遠く及ばない。つまりOLCは、投資家から集めたおカネを十分に活用し切れていないことになる。

OLCの課題ははっきりしている。それは次の成長戦略をどう描くかということだ。

OLCグループの経営資源は舞浜に集中する。東京ディズニーランド・ディズニーシーという二つのテーマパークと、三つの直営ホテル。08年10月にはカナダのサーカス団体「シルク・ドゥ・ソレイユ」専用劇場も開業した。モノレール「舞浜リゾートライン」の運営も手掛ける。

OLCの営業利益のうち、テーマパーク事業の構成比は実に86%(09年3月期)。そのテーマパークについては、現状でもまだ拡大の余地があるのは確かだ。「特にディズニーシーにはポテンシャルがある。今後はシーを伸ばす施策を重点的に行う」(明石泰典・テーマパーク統括部長)。当初「大人向け」と喧伝されたディズニーシーだが、今後はファミリー層を意識したアトラクションを拡大。ディズニーキャラクターの露出も増やす。その目玉が11年に投入される新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」だ。ディズニーシーには東京ディズニーランドの倍近い初期投資をかけており、同パークの収益性を高めることが、ROEの改善にもつながる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ディズニーの正体
オリエンタルランド、独り勝ちゆえの悩み
東京ディズニーリゾート
ディズニー日本法人のトップに聞く最新戦略
日本市場はこう攻める[ディズニーとジブリ]
日本市場はこう攻める[キャラクター]
提携企業から見たディズニー
日本市場はこう攻める[オトナ市場]
日本市場はこう攻める[ケータイ]
日本市場はこう攻める[テクノロジー]
日本市場はこう攻める[ローカル化]
▶︎▶︎Part2 日本市場はこう攻める [マーケティング]
BSチャンネル数拡大の中
グローバル展開で見せた現地対応の妙
米国テレビ業界最新事情
始まりは小さなスタジオ
▶▶PART1 巨大メディア企業の戦略
[INTERVIEW]ディズニー/ABCテレビジョングループプレジデント
知られざる世界企業の全貌
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内