有料会員限定

世界各国で続々生まれるローカルコンテンツ グローバル展開で見せた現地対応の妙

印刷
A
A

ディズニーにとってグローバル展開は今後の成長戦略の要。そのカギはコンテンツの「輸出」ではなく各国に合わせた「ローカル化」だ

特集「ディズニーの正体」の他の記事を読む

11月初旬、ロシアでディズニー映画『ブック・オブ・マスターズ』が劇場公開された。ロシアに伝わるおとぎ話を基に、ロシアの俳優を使い、ロシアで制作されたロシア語の実写映画だ。ディズニーにとって、ロシアでコンテンツを制作するのは初めての試み。が、実はほかの国ではすでに例がある。ディズニーはここ数年、世界各国で独自のコンテンツを数多く制作しているのだ。

たとえば中国では、2007年の『シークレット・オブ・ザ・マジック・ゴード(宝胡芦的秘密)』に続き、今年5月には『タッチ・オブ・パンダ(熊猫回家路)』と2本の映画が公開されて好評を得た。前者はCGアニメーション、後者は中国四川省における実話に基づく実写映画だ。またインドでも、08年から『ロードサイド・ロメオ』など2本のアニメーション映画が現地で独自に制作されている。

南米では、ABCの大ヒットドラマ『デスパレートな妻たち』が米国での放送後、アルゼンチン、コロンビアおよびエクアドル、ブラジルの4カ国バージョンにリメークされた。単にせりふを吹き替えただけではない。現地の俳優を起用し、背景も生活習慣もすべて現地に合わせて、イチから制作されたものだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ディズニーの正体
オリエンタルランド、独り勝ちゆえの悩み
東京ディズニーリゾート
ディズニー日本法人のトップに聞く最新戦略
日本市場はこう攻める[ディズニーとジブリ]
日本市場はこう攻める[キャラクター]
提携企業から見たディズニー
日本市場はこう攻める[オトナ市場]
日本市場はこう攻める[ケータイ]
日本市場はこう攻める[テクノロジー]
日本市場はこう攻める[ローカル化]
▶︎▶︎Part2 日本市場はこう攻める [マーケティング]
BSチャンネル数拡大の中
グローバル展開で見せた現地対応の妙
米国テレビ業界最新事情
始まりは小さなスタジオ
▶▶PART1 巨大メディア企業の戦略
[INTERVIEW]ディズニー/ABCテレビジョングループプレジデント
知られざる世界企業の全貌
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内