有料会員限定

日本株16年相場を占う 参院選に向け上昇?

印刷
A
A

年初から波乱に見舞われている日本株市場。4年目を迎えたアベノミクス相場は今、正念場を迎えている(図1)。行く手を阻むのは、ここにきて再燃している中国の景気不安、そして企業業績を押し上げてきた円安トレンドが変調を来していることだ。さらに原油安という不安要素も依然としてくすぶる。

[図1]
拡大する

特集「最強の株・投信・ETF」の他の記事を読む

朝10時すぎ。ある証券会社のトレーダーは、もはや日課となった中国における二つの市場動向のチェックを行う。一つは中国人民銀行から公表される、人民元の取引目安となる対ドルでの基準値。もう一つは中国株式市場の寄り付きだ。年初からの日本株の波乱はいずれも、午前中に中国から始まった。

日本、中国ともに今年最初の取引日となった1月4日。中国で発表された同国の景況感を示す指標が市場予想を下回ったことで、中国株式市場は寄り付きから急落、一定の値幅を超えた場合に取引を止めるサーキットブレーカー制度が午前中に発動した。日本株もこの動きに引きずられて値を下げた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
最強の株・投信・ETF
INTERVIEW
Q&A 節税効果が絶大!
優勝劣敗が明確に
回転売買制限が現場を直撃
変わる証券税制
次の潮流は「ロボアド」に
値動き2倍で個人に一躍人気
手数料で総点検
投信&ETF お得な商品を見極める
INTERVIEW
3つの決算書を使いこなせ
gumiショックを乗り越えられる?
株式相場を左右する
4%台がわんさか
アクティビスト垂涎
実はすごいんです
優良株が勢ぞろい
勝ち組に学べ!
投資の一歩は四季報から
日本もひとごとではない!
闘論2016年相場
INTERVIEW
2016年相場を攻略せよ!
時価総額もチェック
株 投資アイデアを磨け
参院選に向け上昇?
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内