有料会員限定

独立系投信 真の実力 優勝劣敗が明確に

印刷
A
A

販売金融機関が介在しないため、購入手数料をゼロに抑えられるのが魅力の「独立系投資信託」。運用会社の数は現在8社を数える(表1)。既存の金融機関と資本関係を持たず、自社運用ファンドを投資家に直接販売するという手法で、個人投資家の間で人気が定着している。ただし、最近は優勝劣敗が明確になってきた。

[表1]
拡大する

特集「最強の株・投信・ETF」の他の記事を読む

独立系投信の中で最も純資産総額が大きいファンドは、さわかみ投信の「さわかみファンド」だ。一般的に投信の規模は、ファンドに組み入れられている資産の時価総額を示す純資産総額で測られる。この時価総額を発行済み株式数とほぼ同義の受益権口数で割ると、投信の値段を意味する基準価額になる。

独立系投信の先駆けで1999年8月に設定されたさわかみファンドは、トヨタ自動車、ブリヂストンなどの日本株に投資し「バイ・アンド・ホールド」の長期保有を運用方針の基本とする。純資産総額は2015年末時点で2960億円と断トツ。日本株でのアクティブ運用タイプ(日経平均株価など市場のベンチマークを上回る運用成績を目指す運用手法)の投信全体でも、フィデリティ投信の「フィデリティ・日本成長株・ファンド」、ニッセイアセットマネジメントの「JPX日経400アクティブ・プレミアム・オープン」に次ぐ3番目の規模を誇る。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
最強の株・投信・ETF
INTERVIEW
Q&A 節税効果が絶大!
優勝劣敗が明確に
回転売買制限が現場を直撃
変わる証券税制
次の潮流は「ロボアド」に
値動き2倍で個人に一躍人気
手数料で総点検
投信&ETF お得な商品を見極める
INTERVIEW
3つの決算書を使いこなせ
gumiショックを乗り越えられる?
株式相場を左右する
4%台がわんさか
アクティビスト垂涎
実はすごいんです
優良株が勢ぞろい
勝ち組に学べ!
投資の一歩は四季報から
日本もひとごとではない!
闘論2016年相場
INTERVIEW
2016年相場を攻略せよ!
時価総額もチェック
株 投資アイデアを磨け
参院選に向け上昇?
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内