有料会員限定

減速懸念のIPO gumiショックを乗り越えられる?

印刷
A
A

2016年のIPO(株式新規公開)は、JR九州(九州旅客鉄道)や、ロボット技術を手掛けるZMPなどが大型のものとして注目されている。15年の98社(TOKYO PRO Market含む)を上回れば、IPO件数は7年連続の増加となる(図)。ところが、市場関係者の間では早くも減速を懸念する声が上がっている。

[図]
拡大する

特集「最強の株・投信・ETF」の他の記事を読む

「今年は100社に届かない。前年を下回る可能性もある」と指摘するのは、IPO Japanの西堀敬編集長だ。その要因は「新興株式市場の売買代金が伸び悩み公開価格を下回りやすくなっており、投資家が初値でIPO銘柄を買う魅力も減っていること」(同氏)という。

相場のトレンド以外にも、今年のIPOが盛り上がりに欠けるとみられる要因はある。背景にあるのは15年3月に起きた「gumi(グミ)ショック」だ。

スマートフォンゲーム会社のグミは14年12月に上場したが、わずか2カ月半で業績予想を黒字から赤字へ下方修正し、株価が急落した。上場前にベンチャーキャピタルなどから調達した金額が、ベンチャー企業としてはかつてない規模で期待が高かったことから、投資家やIPOを目指す企業に失望が広がった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
最強の株・投信・ETF
INTERVIEW
Q&A 節税効果が絶大!
優勝劣敗が明確に
回転売買制限が現場を直撃
変わる証券税制
次の潮流は「ロボアド」に
値動き2倍で個人に一躍人気
手数料で総点検
投信&ETF お得な商品を見極める
INTERVIEW
3つの決算書を使いこなせ
gumiショックを乗り越えられる?
株式相場を左右する
4%台がわんさか
アクティビスト垂涎
実はすごいんです
優良株が勢ぞろい
勝ち組に学べ!
投資の一歩は四季報から
日本もひとごとではない!
闘論2016年相場
INTERVIEW
2016年相場を攻略せよ!
時価総額もチェック
株 投資アイデアを磨け
参院選に向け上昇?
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内