有料会員限定

ラップ口座の魅力と弱点 次の潮流は「ロボアド」に

印刷
A
A
ラップ型運用商品は証券会社の大事な稼ぎ口にもなっている

特集「最強の株・投信・ETF」の他の記事を読む

「ラップ口座」の伸長が著しい。野村証券、大和証券の各残高が2015年3月に1兆円を突破したほか、同11月にはインターネット証券大手のマネックスグループとクレジットカード大手のクレディセゾンが共同で新会社を設立し、ラップ口座のサービスに参入する方針を明らかにしている。

日本投資顧問業協会が同12月に発表した資料によれば、15年9月末時点のラップ口座残高は5兆1617億円。わずか2年半前に比べ6.7倍となっており、目覚ましく伸びていることがわかる。

ラップ口座は、資産の運用管理を証券会社や信託銀行に一任するサービスだ。特徴は、手数料を商品の売買ごとに支払うのではなく、資産残高に応じて包括的に支払うシステムを採用している点にある。自分で金融商品を売買すればそのたびに手数料がかかるが、ラップ口座だと資産の入れ替えを頻繁にしても、売買手数料が高くなることはない。ラップ=包むという意味そのまま、運用と手数料がひとまとめにされている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
最強の株・投信・ETF
INTERVIEW
Q&A 節税効果が絶大!
優勝劣敗が明確に
回転売買制限が現場を直撃
変わる証券税制
次の潮流は「ロボアド」に
値動き2倍で個人に一躍人気
手数料で総点検
投信&ETF お得な商品を見極める
INTERVIEW
3つの決算書を使いこなせ
gumiショックを乗り越えられる?
株式相場を左右する
4%台がわんさか
アクティビスト垂涎
実はすごいんです
優良株が勢ぞろい
勝ち組に学べ!
投資の一歩は四季報から
日本もひとごとではない!
闘論2016年相場
INTERVIEW
2016年相場を攻略せよ!
時価総額もチェック
株 投資アイデアを磨け
参院選に向け上昇?
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内