有料会員限定

外国人投資家「次の一手」を読む INTERVIEW

印刷
A
A

日本株を動かすのは外国人投資家だ。自ら訪問するなど、彼らの動向に詳しい2人に直撃した。

としま・いつお●1948年生まれ。一橋大学卒業後、邦銀を経てスイス銀行外国為替貴金属トレーダーに。現在は独立系の立場から経済全般の情報を発信。(撮影:ヒダキトモコ)

特集「最強の株・投信・ETF」の他の記事を読む

米ニューヨークにいるヘッジファンドや年金基金の投資家からすると、日本株の最大のライバルは欧州株だ。米国株に次ぐ流動性といえば日本か欧州しかない。国際分散投資を考えたときに投資資金は米国に次いで日本に行くか、欧州に行くかの選択がメインになる。

マーケットの満額回答とはいかなかったものの、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は昨年12月に追加緩和を決定した。一方で日本銀行は黒田東彦総裁が補完措置という“なんちゃって追加緩和”をしたが、「それでは心もとない」と米国マネーは今欧州に向かっている。

欧州とて褒められた状況ではないにしても、投資は相対的にどちらがマシかで判断するもの。ECBはさらなる追加緩和の実施が視野に入っているが、黒田日銀には手詰まり感が否めない。

ただ4月くらいになると、マネーはいったん欧州を離れて日本に来る可能性がある。この時期は参議院選挙前で、安倍晋三政権もいいことを言うだろうし、日本発で悪い材料は出にくい時期だ。年の序盤で資金は欧州を一巡して、循環物色する中で、ヘッジファンドを中心に日本へ入ってくる可能性がある。このときに日経平均株価は2万1000円くらいの高値をつけるのではないか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
最強の株・投信・ETF
INTERVIEW
Q&A 節税効果が絶大!
優勝劣敗が明確に
回転売買制限が現場を直撃
変わる証券税制
次の潮流は「ロボアド」に
値動き2倍で個人に一躍人気
手数料で総点検
投信&ETF お得な商品を見極める
INTERVIEW
3つの決算書を使いこなせ
gumiショックを乗り越えられる?
株式相場を左右する
4%台がわんさか
アクティビスト垂涎
実はすごいんです
優良株が勢ぞろい
勝ち組に学べ!
投資の一歩は四季報から
日本もひとごとではない!
闘論2016年相場
INTERVIEW
2016年相場を攻略せよ!
時価総額もチェック
株 投資アイデアを磨け
参院選に向け上昇?
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内