インド新戦略車はトヨタを救えるか(下)

次の舞台はブラジルへ 先進国向けにも転用

エティオスはインド専用車と銘打ってはいるが、その本質はトヨタの次世代戦略車だ。11年後半にはエティオス専用のバンガロール第2工場を2直化し、新興国への輸出を開始することが検討されている。12年末にはブラジルの新工場で、エティオスをベースにしたブラジル専用車の生産が始まる計画だ。

則武チーフエンジニアによれば、エティオス開発の究極の狙いとは、「いつでも、どこでも、誰でも安くつくれる構造の開発」だ。その原型はエティオスで確立された。あとはそれぞれの国に合わせて図面を修正していくことだ。これは先進国向けも、決して例外ではない。「エティオス開発で得たノウハウは『ヤリス(日本名ヴィッツ)』、カローラの次期モデル開発にも活用されている」(同)。

エティオス発売の1週間ほど前。バンガロールのNTTFIをブラジルトヨタの技術者たちが訪れた。同社が設計した部品についてすでに詳しく知っており、そのノウハウを吸収して帰国の途に就いたという。

どこか及び腰だったトヨタの新興国戦略は、ジワリと変化し始めている。かつて日本市場を基準とした高品質への支持によって、カローラは超ベストセラーになった。

いま、トヨタはその成功体験から脱出しようともがく。エティオスで始まった21世紀の小型車戦略を軌道に乗せることができるか。これはトヨタ全体の再生を占う試金石にほかならない。

◆トヨタ自動車の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(撮影:吉野純治 =週刊東洋経済2010年12月18日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング