『キャプテン』『プレイボール』にみる努力

「努力のジレンマ」リアリティと物語の狭間で

反論は考えられる。

結局、谷口には、野球の才能があったのではないか。その疑いが芽生えれば、努力の物語は少年の心の中に入っていかない。さらに、「努力できることも才能ですよ」という一言で片づけられてしまうかもしれない。

つまり、努力の物語は、成功とともに努力のリアリティが失われると言うジレンマがある。では、作者はどうすればリアリティのある努力の物語を描けるのであろうか。

ちばあきお先生は、それを考えていたのだと思う。

ここに忘れてはならない脇役がいる。谷口が2年生になった時に入部してきた半田である。彼は、野球経験者でありながら、運動神経がまったくない。経験者ということで守備をやらせてみたが、未経験者で入部してきた鈴木よりも下手なのである。彼は、その後もまったく上達せず、対戦相手のデータ収集などもしていたりする。

『半ちゃん』

この脇役に、ちばあきお先生の思い入れがあったことはたしかだ。なぜなら、半田は、野球少年を描いた初期読み切りマンガ「半ちゃん」の主人公なのだから。

このマンガの中で半ちゃんは、野球が大好きだけど下手な少年として描かれている。チーム内の嫌われ者になってしまう運動神経抜群のイガラシくん(!)とは違う。

半田は、選手として活躍できるのか。人知れず努力しているのであろう半田が活躍できるならば、それは努力の成功であるが、同時にリアリティの消滅でもある…。

この問いの結論は、出なかった。ちばあきお先生は、早世してしまったからである。名作『キャプテン』『プレイボール』を前に、結論を待ちながら我々は立ち止まっている。

ちばあきお先生は、半田をほんの少しずつ、少しずつ成長させていた。リアリティと物語の間に成立する「努力」を完成させるために。

そうですよね。だから、半田のその後について、天国にいるちばあきお先生に聞いてみたい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT