『キャプテン』『プレイボール』にみる努力

「努力のジレンマ」リアリティと物語の狭間で

彼は「お・・俺たちみたいに素質も才能もないものはこうやるしか方法はないんだ」と言う。部員たちは谷口に声をかけられず、自らを恥ずかしがって自宅までのランニングを開始する。後輩のイガラシは言う。

「これなんだなあ…キャプテンがみんなをひっぱる力は…」 

(C)ちばあきお/集英社 ホーム社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノンエリートたちは、自らの才能に見切りをつけ努力をしない。しかし、谷口はあきらめない。あきらめない努力がいつの間にか他人に火を点けるのである。このようなエピソードは、非名門校の墨谷高校を舞台にした『プレイボール』でも繰り返される。

シード校の東実との試合前、あきらめムードの先輩部員たちに対して、一人むきになる1年生の谷口。3年生の田所さんは言う。

「ようするにあいつらは、まるで別の世界の人間なんだよ」

3年生は進学や就職に向けて準備をする時期でもあった。

それでも、谷口は一人で特訓をする(頑張る)……。その姿が、結局、みんなを巻き込む。頑張るって伝染してしまうものなのだ。

努力を描くジレンマ、頑張れ半ちゃん

努力の過程をもっとも丁寧に描いたマンガではあるが、現代の青年たちにこの『プレイボール』の感動が伝わるのかどうかは、私にも確信がない。

次ページ努力が成功した時、リアリティが失われてしまう
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT